>  >  > 岡田将生の“クズキャラ”真骨頂!

岡田将生の“クズキャラ”真骨頂! 映画『伊藤くん A to E』で見せる話術と笑顔

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 連続テレビドラマ版に続いて、それぞれの世代の実力派女優陣が勢揃いした映画『伊藤くん A to E』。佐々木希、志田未来、池田エライザ、夏帆、そして木村文乃を相手に、あまりに痛々しいクズっぷりを披露しているのが岡田将生である。

 デビューして間もなくの2007年、映画『天然コケッコー』や『生徒諸君!』(テレビ朝日)、『花ざかりの君たちへ~イケメン♂パラダイス~』(フジテレビ)と立て続けにメインキャストに抜擢された岡田は、長身と爽やかなルックスを武器にイケメン俳優の中心的ポジションを得て、さらに起用され続ける多くの作品の大役で経験を積んできた。

 ごく最近の活躍の、『銀魂』や『ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章』などでも、そのイケメンぶりを遺憾なく発揮させていた。年齢的にも、キャリア的にも、もはや“若手俳優”というカテゴリーを抜けたように思える岡田であるが、それぞれ主演である、先輩の小栗旬や、追いかけてくる後輩の山崎賢人を相手に、臆することなく闘ったといえるだろう。自身のルックスを活かした役へのアプローチで、人気マンガのキャラクターに、岡田だからこそできる血の通わせ方をしていた。

 だが岡田が得意とするのは、なにもイケメンなキャラばかりではない。それをさっそく証明したのが2010年に公開された『告白』での、無神経で空回りする、いわゆるKYな熱血教師役。つづく『悪人』での、絶対的な自信を見せながらも未熟で軽薄な大学生役。いずれも岡田がそれまでのイメージを一新したことや、作品のセンセーショナルな内容も相まって、彼の代表作ともなっている。

 映画版である本作『伊藤くん A to E』は、木村文乃が単独主演した連続ドラマ版とは違い、伊藤(岡田)が中心に立ち、女性たちを翻弄していく。彼が中心に立つことで、その作りに関してはもちろんだが、単純な“連続ドラマの劇場版”という枠から大きく出て、一本の独立した映画として完成している。

 物語の冒頭から、終始語って見せる伊藤の姿が印象的だ。伊藤はコミュニケーション能力や、社会性を欠いた男であるが、彼が自信満々に語る姿はその内容の是非は別として、演じる岡田の巧みな話術には強く惹かれる。女優を相手にする場面でも、あるいは相手がいることなどお構いなしに図々しくしゃべりまくる場面でも、その舵きりが巧いのだ。容姿端麗、自意識過剰、無神経、28歳フリーター、これら伊藤の要素のバランスの良い扱いには、岡田のこれまでの経験が活きていると見える。『告白』や『悪人』でも見せていたクズキャラ、さらに『ゆとりですがなにか』(日本テレビ)や『何者』での好演が記憶に新しい、ちょっと残念な“イタいキャラ”がここにきて本領を発揮し、その姿は堂に入っている。どの作品でも笑顔が魅力的な岡田だが、本作のプレス資料によると監督の廣木隆一は、岡田のニヤリとする表情などサスペンスを匂わせる芝居を求めたと語っている。たしかに普段から特徴的な、口角がグイと上がった岡田の笑顔が本作ではより誇張され、強く印象に残る。ヒール的、さらにいえばジョーカー的な、まさに不敵な笑みである。

      

「岡田将生の“クズキャラ”真骨頂! 映画『伊藤くん A to E』で見せる話術と笑顔」のページです。の最新ニュースで映画をもっと楽しく!「リアルサウンド 映画部」は、映画・ドラマ情報とレビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版