>  >  > 『陸王』竹内涼真と和田正人の快走に涙!

竹内涼真と和田正人の快走に涙! 『陸王』で描かれた復活の狼煙

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 新しい地下足袋「足軽大将」を製品化し、今まで敵対していた「こはぜ屋」融資担当の大橋(馬場徹)も前向きな姿勢を見せ、ついに完成した「4代目陸王」を一同が見守る中、茂木(竹内涼真)が履く姿に胸が熱くなった日曜劇場『陸王』(TBS系)。11月26日放送の第6話では、茂木が公式の復帰戦となるニューイヤー駅伝で快走を見せ、アトランティス社「RⅡ」を履く毛塚(佐野岳)との真っ向勝負に勝利。陰で画策する小原(ピエール瀧)や佐山(小籔千豊)らに宮沢(役所広司)が堂々と勝負開始を宣言するまでが描かれた。

 いよいよ始まるニューイヤー駅伝。沿道に詰めかける人々が作り出す景色は壮観で、駆けつけた有村(光石研)の解説や、時おりモニターに向かって吠える城戸(音尾琢真)の姿が映し出され、リアルな臨場感のなかスタートとなった。外国人選手の激走や、期待されていたエース・立原(宇野けんたろう)の不調に、一喜一憂する「こはぜ屋」一同。選手の控え室では、茂木の「陸王」に毛塚が「RⅡ」を並べ「勝つ気あんの?」と嫌味な笑みを向けていた。ついにスタート地点に向かおうと会場に出てきた茂木は、エールを送る「こはぜ屋」一同にゆっくりと一礼する。彼の姿を見て宮沢は「茂木の復活戦と、俺たちの陸王のデビュー戦だ」と声を上げ、大地(山崎賢人)も「ゴォー! モギー!」と続く。


 
 清々しい走りで、ひとり、またひとりと追い抜いていく茂木を「神がかってます。魔法にかかった走りだ!」と解説者も興奮気味。とうとう毛塚と並んだ茂木は、“あえて”毛塚の後ろを走る。そんなとき、強い風が吹き、フォームを崩した毛塚を茂木はスーッと抜いていく。村野(市川右團次)は「抜けなかったんじゃない。抜かなかったんだ」と声を震わせていた。アスファルトの上で軽やかに跳ねる「陸王」の濃紺のアッパーと、蛍光黄色のソールは美しかった。茂木がたすきをつなぐのは、アンカー・平瀬(和田正人)。引退戦にして、まさに有終の美を飾るに相応しい彼の走りに、城戸も目を真っ赤にしていた。

 茂木の大活躍と、彼の「早く商品化して下さい。俺どんどん勝ちますから。今度は俺がこはぜ屋の力になれるよう努力しますから」との後押しを受け、悲願のランニングシューズ売り場に「陸王」が並ぶこととなる。しかし、売れ行きは不調。店の人間は「和装売り場に置いてみますか」と提案するが、宮沢は「ランニングシューズ売り場で勝負したい」と決意を見せる。時同じくしてアトランティス社では早くも「陸王」分析を開始し、陰で新たに動き出していた。「陸王」のアッパー素材を供給する「タチバナラッセル」に手を伸ばしたのだ。それを耳にして工場を訪れた宮沢と大地に、社長の橘(木村祐一)は「企業から3年目にして足下の業績の悪いうちにとって、アトランティスの大量のロットは喉から手が出るほど欲しい」と言い、「うちじゃダメですか。うちと一緒に、陸王と成長していくという選択肢はないんですか」と大地が熱く返す。しかし零細企業で、従業員や家族を抱える橘の決意は変わらない。そんな彼に宮沢は「立場としては理解できるが、うちにとっては大迷惑だ。3月以降は取引しない。金輪際だ」と声を荒げ、偶然か必然かやってきた小原に「RⅡに負けない陸王を作ってみせる」と宣言するのだった。

      

「竹内涼真と和田正人の快走に涙! 『陸王』で描かれた復活の狼煙」のページです。の最新ニュースで映画をもっと楽しく!「リアルサウンド 映画部」は、映画・ドラマ情報とレビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版