>  > 城田優『亜人』アクション×悪役の凄さ

城田優、『亜人』悪役の圧倒的な存在感ーーどんな芝居もこなす“実力”を読む

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 そして『表参道高校合唱部!』(TBS系)では、だらしない性格の音楽教師を演じた城田。主人公に歌うことの魅力を伝えたという重要な役柄であり、過去には教え子とのトラブルもあったことが明かされる、深みのあるキャラクターだ。さらに、何と言っても一昨年公開された映画『明烏』での、空回りしつづけるホスト役がこれ以上なくサマになっていた。見た目との完全なるギャップだけに頼らず、どことなく哀愁を漂わせる表情で、その好感を高めていく。日本の俳優界ではなかなか稀有な存在なのではないだろうか。

 そこに、今回のようなアクションをこなし、悪役を演じきるスキルも証明したならば、ますます役者としての価値は高まる。とりわけ実写化不可能と言われるクラスの、アクション漫画原作の映画化が後を絶たない昨今では、抜群のヴィジュアルと日本人離れした存在感、どんな芝居もこなすバリエーションの豊富さなど、必要な要素が全部備わっている彼のような俳優は、重宝されるに違いない。

■久保田和馬
映画ライター。1989年生まれ。現在、監督業準備中。好きな映画監督は、アラン・レネ、アンドレ・カイヤット、ジャン=ガブリエル・アルビコッコ、ルイス・ブニュエル、ロベール・ブレッソンなど。Twitter

■公開情報
『亜人』
全国公開中
監督:本広克行
出演:佐藤健、玉山鉄二、城田優、千葉雄大、川栄李奈、山田裕貴、浜辺美波、品川祐、吉行和子、綾野剛
原作:桜井画門『亜人』(講談社「good!アフタヌーン」連載)
配給:東宝
(c)2017映画「亜人」製作委員会 (c)桜井画門/講談社
公式サイト:http://ajin-movie.com/

      

「城田優、『亜人』悪役の圧倒的な存在感ーーどんな芝居もこなす“実力”を読む」のページです。の最新ニュースで映画をもっと楽しく!「リアルサウンド 映画部」は、映画・ドラマ情報とレビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版