>  > 『ハロネズ』森田剛の活躍から目が離せない

森田剛が見せた“人情とお節介” 『ハロネズ』の『幸福の黄色いハンカチ』オマージュを読む

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 「あかつか探偵事務所」のドブネズミは五郎(瑛太)だけではない、と言わんばかりに、グレ(森田剛)の活躍が描かれた1日放送のTBS系金曜ドラマ『ハロー張りネズミ』第8話。第1話で五郎の良きバディとして活躍して以降、常に五郎のサポート役に回っていたグレ。ついに訪れた見せ場となる今回の「File.6 残された時間」で、彼の探偵としての手腕と人情味溢れるキャラクターが花開いた。

 中華屋の無愛想な料理人・栗田(國村隼)の依頼は、生き別れた娘と息子を探して欲しいというもの。どうやら訳ありな様子の栗田だったが、その理由については話したがらない。さらに、栗田は自ら調査に同行することを申し出る。厄介そうで怪しげな依頼人に乗り気じゃない五郎だったが、突然体調を崩し、結局グレが栗田とともに娘を探すことになるのだ。

 冒頭でグレが『幸福の黄色いハンカチ』を鑑賞して号泣している場面が登場した段階では、その後に中華屋で醤油ラーメンとカツ丼を頼む伏線(同作の序盤で、出所した高倉健が食堂でそれを注文して食べる有名なシーンがある)に過ぎないと思っていたが、まさかメインの展開が完全にシンクロし、“黄色いハンカチ”が重要なアイテムとなろうとは想定外だ。

 77年に公開され、ハリウッドリメイクもされるなど、日本映画を代表する名作のひとつとして名高い、山田洋次監督の『幸福の黄色いハンカチ』。殺人罪で刑務所に入っていた高倉健演じる勇作が、武田鉄矢と桃井かおりが演じる2人の若者と偶々出会い、3人で真っ赤なファミリアに乗って旅をするヒューマンドラマだ。

 今回のエピソードで國村隼が演じた栗田も、殺人罪で刑務所に服役した過去を持つという共通点がある。さらに「申し訳ない」という気持ちと、「会いたい」気持ちとで葛藤し、なかなか踏み出せないでいる不器用なところも、高倉健が演じた勇作によく似ているではないか。

      

「森田剛が見せた“人情とお節介” 『ハロネズ』の『幸福の黄色いハンカチ』オマージュを読む」のページです。の最新ニュースで映画をもっと楽しく!「リアルサウンド 映画部」は、映画・ドラマ情報とレビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版