>  >  > 『あやしい彼女』多部未華子の歌唱シーン公開

多部未華子、60年代の名曲「悲しくてやりきれない」を熱唱 『あやしい彼女』歌唱シーン公開へ

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
20160309-ayakano-sub1.JPG(c)2016「あやカノ」製作委員会 (c)2014 CJ E&M CORPORATION

 4月1日公開の映画『あやしい彼女』より、主演の多部未華子の歌唱シーン映像が公開された。

 本作は、シム・ウンギョン主演の韓国映画『怪しい彼女』を、『舞妓Haaaan!!!』『謝罪の王様』の水田伸生監督がリメイクしたコメディ映画。毒舌で皮肉屋で頑固な73歳のおばあちゃんが、ある日突然20歳の姿に若返ってしまったことから、新たな人生をスタートさせる模様を描く。

 多部未華子は本作で、20歳に若返った節子を演じており、劇中では、「見上げてごらん夜の星を」「真赤な太陽」「悲しくてやりきれない」など、60年代の名曲を熱唱し、自身の歌声を披露している。このたび公開された映像では、節子率いるバンド“怪しい彼女”が、人気音楽番組で、ザ・フォーク・クルセダーズの「悲しくてやりきれない」のカバーを披露するシーンが描かれている。

『あやしい彼女』多部未華子、熱唱シーン映像

 舞台『キレイ~神様と待ち合わせした女~2014』で多部の歌声を聴いた水田監督が、「彼女ならいける」と太鼓判を押したことが、本作の主演に多部が抜擢された理由のひとつだという。多部は歌に強い苦手意識を持っていたが、撮影前の多忙なスケジュールの中、3か月もの音楽特訓を行い、歌唱シーンの撮影に挑んだ。劇中歌プロデュースとして楽曲のアレンジを手がけた音楽プロデューサーの小林武史は、「(練習前とは)まるで別人のようになっている」と評したという。

20160309-ayakano-sub2.JPG(c)2016「あやカノ」製作委員会 (c)2014 CJ E&M CORPORATION

■公開情報
『あやしい彼女』
4月1日(金)より全国ロードショー
出演:多部未華子、倍賞美津子、要潤、北村匠海、金井克子、志賀廣太郎、小林聡美
監督:水田伸生
脚本:吉澤智子
音楽:三宅一徳
劇中歌プロデュース:小林武史
製作:「あやカノ」製作委員会
配給:松竹
(c)2016「あやカノ」製作委員会 (c)2014 CJ E&M CORPORATION
公式サイト:http://ayakano.jp/

「多部未華子、60年代の名曲「悲しくてやりきれない」を熱唱 『あやしい彼女』歌唱シーン公開へ」のページです。の最新ニュースで映画をもっと楽しく!「リアルサウンド 映画部」は、映画・ドラマ情報とレビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版