>  >  > 『エリザベス 神なき遺伝子』公開日決定

人類の禁忌に踏み込んだバイオロジックホラー、『エリザベス 神なき遺伝子』日本公開が決定

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 2014年ファンタジア国際映画祭で脚本賞を受賞した、映画『CLOSER TO GOD』の邦題が『エリザベス 神なき遺伝子』となり、2016年1月16日より日本公開されることが決定した。

 科学の禁忌とも言われるクローン人間の製造にスポットを当てた本作。『ラスト・キャッスル』(01)のジェレミー・チャイルズ扮するヴィクター・リード博士は、長年の研究・実験の末、クローン技術による人間の新生児“エリザベス”を誕生させることに成功する。“エリザベス”に対し、科学的好奇心から様々な実験や投薬を施すリード博士だったが、実験はエスカレートし、いつしか歯止めの効かない深みへと陥っていく。そして、“エリザベス”誕生の陰で闇に葬られたはずの数々の実験の失敗と「不完全体」、その存在が明らかになる時、人類の悪夢が始まるのだった。人間の狂気と、触れてはならない科学の領域に踏み込んだバイオロジック・ホラー。

◼︎公開情報
『エリザベス 神なき遺伝子』
2016年1月16日にヒューマントラストシネマ渋谷ほかにてロードショー
監督・脚本:ビリー・シーネス
製作:ジェレミー・チャイルズ
撮影:エヴァン・スペンサー・ブレイス
出演:ジェレミー・チャイルズ、シェリーン・ニューマン、シャノン・ホップ、デヴィッド・アルフォード
(C)2015 Closer To God, LLC

「人類の禁忌に踏み込んだバイオロジックホラー、『エリザベス 神なき遺伝子』日本公開が決定」のページです。の最新ニュースで映画をもっと楽しく!「リアルサウンド 映画部」は、映画・ドラマ情報とレビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版