『あさが来た』スタート好調の理由は? 王道的ストーリーと新たな試みを検証

「幕末から近代を描くことによって、大河ドラマの文脈も取り入れているのが、今作の新しいところだと思います。NHK連続テレビ小説はある程度、型が決まっているからこそ、あらゆる要素を貪欲に取り入れる傾向があって、今回はNHK大河ドラマ『新選組!』(2004年)で土方歳三役を演じた山本耕史さんが、その役柄のままで出演することが決まっています。大河ドラマや朝ドラなどの過去の作品に出演した役者が、別の役で出演することが少なくありませんが、役柄まで同じというのはユニークです」

 もちろん、キャストにも見どころはある。

「かつて『純情きらり』で朝ドラの主演を務めた宮崎あおいが今や大御所感すら漂わせる貫禄のある芝居を見せていて注目です。先ほど、Wヒロインについて指摘しましたが、波瑠と宮崎あおいの役柄は、過去作のイメージからすると本来は逆なんじゃないかと思います。活発で明るい今井あさが宮崎あおいで、おとなしい今井はつが波瑠、という風に。しかし、今作ではあえて逆にすることによって、それぞれの新境地を見せているように感じます。とくに波瑠は、これまで大人びたお姉さん的な役柄が多かったからこそ、今作で大きく飛躍するかもしれません。明るく活発なあさの役を今後、どのように自分のものにしていくのか、楽しみですね」

 王道的なパターンでありながら、幕末からスタートするなど、新たな試みも見られる『あさが来た』は、このまま視聴者を惹き付け続けることができるのだろうか。

(文=松田広宣)

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「国内ドラマシーン分析」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる