> Bob Mintzer

Bob Mintzer

(ボブ・ミンツァー)

ボブ・ミンツァーはテナー・サックスの名手。伝統的ジャズに裏打ちされたスタイルで、4ビート/ファンク/フュージョンまで、何にでも対応できる男だ。その才能は演奏面だけでなく、総合的なアート・スキルにまで及び、80年代のジャコ・パストリアス・ビッグ・バンドでは音楽監督をも務めていた。
以降、自身でもビッグ・バンドを率い、アレンジも手掛ける。ギル・エヴァンスのようにアヴァンギャルドではないが、パワフルで至極モダンな編曲が特徴であり、その楽曲群は既にスタンダード化していると言ってイイ。また近年、人気フュージョン・バンドのイエロー・ジャケッツにも参加し、履歴に重みを増した。——派手な動きはナイが、着実に実力と名声を獲得し、同業のミュージシャンから尊敬の念を一身に集めるカリスマ的存在である。

制作協力:
OKMusic

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版