乃木坂46 和田まあやの卒業で『アンダーライブ』は新体制に 伊藤理々杏、阪口珠美、林瑠奈ら次世代に繋ぐバトン

 乃木坂46の30thシングルアンダーメンバーによる『30thSGアンダーライブ』が、9月27日開催のTACHIKAWA STAGE GARDENを皮切りにスタートする。

 今回は東京と大阪の2会場/計6公演が行われ、大阪でのアンダーライブは2017年以来、約5年ぶりの開催となる。座長を務めるのは、12月4日をもってグループから卒業をする和田まあや。彼女が初のセンターを担当する30thシングルのアンダー楽曲「Under’s Love」は、今夏の『真夏の全国ツアー2022』でも披露されていた、アンダーの力強さと和田のメンバー愛を表現したラテン調の熱いナンバーだ。今回のアンダーライブは和田の卒業セレモニーを兼ねた公演になると見ていいだろう。

乃木坂46『Under’s Love』

 その一方で、1期生が参加する最後のアンダーライブでもある。「次からは3、4期生だけのアンダーライブになっていくと思うから。どんどん進化し続ける瞬間を観にきてほしい」と話す和田(2022年9月22日『のぎおび』(SHOWROOM)より)。和田と同じタイミングで卒業を発表した樋口日奈を除くと、残す1期生・2期生メンバーは秋元真夏、齋藤飛鳥、鈴木絢音の3人となった。今回アンダーライブに参加する12人は和田以外、全員が3期生・4期生であり、シングル選抜より一足先に3期生以降のメンバーで構成された新たな体制がアンダーでは築かれようとしている。

 その筆頭となるのが「Under’s Love」で和田の両翼を担う伊藤理々杏と阪口珠美だろう。『乃木坂工事中』(テレビ東京)での企画「乃木坂46 キメ顔グランプリ」で大トリを務めた「僕の衝動」の紹介を経て、“キメ顔のてんこ盛り”に新たなパターンを確立した『真夏の全国ツアー2022』でのパフォーマンス、さらにアニソン「only my railgun」をソロで歌唱した動画が約120万回再生を突破するなど、最近はグループを飛び出した活躍も見せている伊藤。最近は特に舞台俳優として頭角を現しており、今回のアンダーライブは伊藤がメインキャストとして参加する舞台『リトル・ゾンビガール』の公演スケジュールと被っていることから、配信も決定している大阪ラストの公演が彼女にとって唯一の参加日程となる。

関連記事

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「アーティスト分析」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる