EXILEの20周年を振り返る 第3回:広がる活躍フィールド、AKIRA&TAKAHIROの加入で第二章開幕へ

EXILEの20周年を振り返る 第3回

 2001年9月のメジャーデビュー以降、メンバーの勇退や加入を繰り返しながら、音楽シーンの最先端を走り続けている、ダンス&ボーカルグループ EXILE。不動のリーダー EXILE HIROの魂を受け継ぎ、メンバー一人ひとりがボーカルやパフォーマーという枠を越えたマルチな活動を見せている彼らは、昨年11月、最後のオリジナルメンバーであるEXILE ATSUSHIを送り出したことを機に、新生EXILEとして新たな歴史を作り始めている。そして2021年、グループはデビュー20周年のメモリアルイヤーに突入。それを祝し、EXILEのヒストリーを辿りながら、改めてその魅力を紐解くのが本連載(全10回)である。第3回は、名実共に国民的アーティストとなった2003年~2004年の活動から、メンバー加入で新たな歴史を歩み始めた2005〜2006年頃の活動までを振り返る。

 2001年9月27日に、シングル『Your eyes only ~曖昧なぼくの輪郭~』でデビューしたEXILE。EXILE HIRO、松本利夫、EXILE ÜSA、EXILE MAKIDAI、EXILE ATSUSHI、SHUNの6人から成る“第一章EXILE”が残した功績は大きく、20周年を迎えた現在も、EXILE AKIRA、EXILE TAKAHIRO、橘ケンチ、黒木啓司、EXILE TETSUYA、EXILE NESMITH、EXILE SHOKICHI、EXILE NAOTO、小林直己、岩田剛典、白濱亜嵐、関口メンディー、世界、佐藤大樹という後継者達によって、その輝きは更新され続けている。

 10thシングル『Choo Choo TRAIN』(2003年11月6日)のリリース以降、国民的アーティストとして注目されていたEXILEは、史上初のアリーナ規模の全国ツアー『EXILE LIVE TOUR 2004 “EXILE ENTERTAINMENT”』を大成功に終えた。並行するように2004年は、さまざまな挑戦を通して仲間を増やしながら、“マルチに活躍するEXILE TRIBE”へと姿を変えていく。MAKIDAI、ÜSA、当時EXPG STUDIOでインストラクターとして働いていたAKIRAらによって、2003年に結成された3MC+1DJ+1パフォーマーの5人組ヒップホップユニット RATHER UNIQUEは、2004年12月29日にシングル『Winter Bell』でメジャーデビュー。MAKIDAIとÜSAはパフォーマーではなくMCとして所属している他、THE RAMPAGE from EXILE TRIBEの浦川翔平は小学生の頃、DJが得意なスーパーキッズとしてRATHER UNIQUEとテレビで共演し、彼らに憧れてアーティストを志したそう(※1)。オリジナルメンバーが着実に夢を叶える姿が“未来の後輩”に新たな夢を与えたと思うと、実に感慨深い。また、初代J Soul Brothersに加入した頃から「俳優になりたい」と話していたMAKIDAI(※2)は、2004年に出演したドラマ『ホットマン2』(TBS系)を機に、俳優としても活動するようになった。

 現在のLDH apparelの原型を作ったのは、今では俳優としても活躍するMATSU(松本)。2004年に自身のアパレルブランドを立ち上げた彼は、2005年、24karatsの前身となるショップ LMDを中目黒にオープン。その店頭では、後にEXILEメンバーとなるケンチが店員として働いており、『シブザイル』(ABEMA)や『週刊EXILE』(TBS系)に出演した際に、以前はLDHのいち社員だったことを明かしている。ちなみに、ケンチがMATSUと交流を持つようになったのは、2004年8月、AKIRAの紹介でEXILE主演のミュージカル『HEART of GOLD~STREET FUTURE OPERA BEAT POPS~』のサポートダンサーを務めたことがきっかけ(※3)。同ミュージカルにはAKIRAの他、TETSUYAや啓司も出演しており、後に彼らはEXILES(EXILEの派生ユニットなどの総称)と呼ばれるようになる。

 パフォーマー陣が“音楽”にとらわれない活動をする一方で、ルーツの異なるツインボーカルはさらに“歌”を追究していく。ブラックミュージックをルーツに持つATSUSHIは「より音楽性の高いものでメッセージを伝えたい」(※4)という願いから、4人組R&Bコーラスグループ COLORを結成。2004年12月1日、シングル『Special love』でメジャーデビューを果たした。当時のメンバーは、地元の後輩であるKIKURI、音楽専門学校時代からの友人 YORK、ATSUSHIと同じ専門学校の出身者でありオーディションで選ばれたTAKA。COLORは2006年10月に最年少メンバーだったTAKA以外の3人が脱退したが、後にTAKAをリーダーとするコーラスグループ DEEPに生まれ変わり、現在はDEEP SQUADとして活動を続けている。そしてロックやギターの弾き語りを好むSHUNは、ソロアーティスト 清木場俊介として活動を開始し、2005年1月19日にシングル『いつか…』でソロデビュー。2005年もEXILEは、GLAY×EXILEという異色のコラボ楽曲「SCREAM」(7月20日)や大ヒットバラード「ただ…逢いたくて」(12月14日)を発表して人気を加速させたが、ソロ活動に専念することを理由に、SHUNが2006年3月29日をもって脱退。4thアルバム『ASIA』と、ライブDVD『EXILE LIVE TOUR 2005 ~PERFECT LIVE “ASIA”~』のリリースを最後に、オリジナルメンバー6人によるEXILE第一章は幕を降ろした。

COLOR / Special love
EXILE / ただ・・・逢いたくて -Short version-



インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「アーティスト分析」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる