【新連載】EXILEの20周年を振り返る 第1回: J Soul Brothers誕生からメジャーデビューまで、前人未到の旅の始まり

EXILEの20周年を振り返る 第1回

 2001年9月27日のメジャーデビュー以降、メンバーの勇退や加入を繰り返しながら、音楽シーンの最先端を走り続けている、ダンス&ボーカルグループ EXILE。不動のリーダー・EXILE HIROの魂を受け継ぎ、メンバー一人ひとりがボーカルやパフォーマーという枠を越えたマルチな活動を見せている彼らは、昨年11月、最後のオリジナルメンバーであるEXILE ATSUSHIを送り出したことを機に、新生EXILEとして新たな歴史を作り始めている。そして本日、2021年9月27日より、グループはデビュー20周年のメモリアルイヤーに突入。それを祝し、EXILEのヒストリーを辿りながら、改めてその魅力を紐解く連載がスタート。第1回は、前身グループの存在とEXILEの結成秘話に迫る。

 2001年9月27日に、シングル『Your eyes only ~曖昧なぼくの輪郭~』でデビューしたEXILE。EXILE HIRO、松本利夫、EXILE ÜSA、EXILE MAKIDAI、EXILE ATSUSHI、SHUNの6人から成る“EXILE 第一章”が残した功績は非常に大きく、20周年を迎えた現在も、EXILE AKIRA、EXILE TAKAHIRO、橘ケンチ、黒木啓司、EXILE TETSUYA、EXILE NESMITH、EXILE SHOKICHI、EXILE NAOTO、小林直己、岩田剛典、白濱亜嵐、関口メンディー、世界、佐藤大樹という後継者たちによって、その輝きは更新され続けている。

 EXILEの歴史を語るには、やはり1990年代まで遡らなければならないだろう。後にEXILEのリーダーとなるHIROが表舞台に登場したのは、1990年のこと。オーディション番組『DADA L.M.D』(テレビ朝日系)に出演した縁から、ダンス&ボーカルグループのパイオニア ZOOの最年少メンバーとしてアーティストデビューを果たした。10代の頃からディスコの黒服として毎晩踊り明かしていたという彼が、人気アーティストとして武道館に立つというサクセスストーリーは、とても夢のある話のように思える。だが、自身の著書『Bボーイサラリーマン』では、アーティストデビューをしてもなお、「プライベートの俺、本物の俺は、人気グループの一員になろうと何も変わらない。クラブで、アンダーグラウンドで好き勝手に遊ぶ、ただの遊び人だった」と、当時は今だけを見て生きる若者だったことを明かしている。しかし楽しい時間は永遠には続かず、1995年にZOOが解散。グループの解散を機に、それまで当たり前のように呼ばれていた音楽番組に呼ばれなくなり、シビアな現実が一気に押し寄せた。それでも腐ることなく、自分を見つめ直した中で見出した夢が「もう一度、自分の力で武道館に立ちたい」だった。夢は必ず叶う。そう願うHIROは、DREAMS COME TRUEのバックダンサーを務めるようになり、1996年にはDREAMS COME TRUEがプロデュースする、女性ボーカルをフィーチャーしたダンス&ボーカルグループ LUV DELUXEの一員としてもデビューを果たした。LUV DELUXEは翌年には解散となったが、DREAMS COME TRUEという“本物のプロフェッショナル”の生き様を間近で感じたことで、リベンジの炎はさらに燃え上がり、1998年、HIROはEXILEの前身グループ J Soul Brothersの結成に向けて動き始めた(※1)。

 そもそもJ Soul Brothersの原型は、1991年頃、彼がまだZOOとして活動していた頃に生まれている。当時のメンバーはHIRO・LUKE・KOJI・BOBBY。六本木のクラブ CIRCUSをホームにしていた彼らは、来日アーティストの中で話題となり、帰国したアーティスト達によって「日本にはJapanese Soul Brothersっていうイケてるダンサーたちがいるぞ」という噂がハリウッドで広まった。その結果、ZOOとしてステージやテレビに出演しながら、アンダーグラウンドのダンサーとして海外のアーティストのステージにも立つように。横浜アリーナのステージでボビー・ブラウンが「J.S.B.」と紹介したことから、ダンスチーム J.S.B.が誕生した(※2)。

 ZOOがスターダムを駆け上がっていく中、1994年には、MATSU(松本利夫)、ÜSA、MAKIDAIがダンスチーム BABY NAILを結成。ZOOに憧れてダンスを始めたMATSUとÜSA、ZOOのメンバーが講師を務めるダンススタジオで学んでいたMAKIDAIという、“Jr.ZOO”とも言える次世代ダンサー達は、いつしかクラブシーンで圧倒的な人気を誇るチームに成長した。もっとも、まだ彼らのルーツを知らなかったHIROにとって、アンダーグラウンドで活躍する3人は脅威すら感じる相手だったようだが。だからこそ、最高のメンバー候補として白羽の矢が立ち、HIROは“新たにダンス&ボーカルグループを作りたい”と打ち明けたのだ。初めはHIROの相棒となるダンサーを求めていたり、じつはMAKIDAIに関しては、MISIAのバックダンサーとして多忙を極めていたため、別のダンサーが候補にいたり……実際はなかなか複雑な展開があったという(※3)。それでも最終的には、固い絆で結ばれたBABY NAILの3人が仲間入り。1999年10月20日、ボーカル SASAを迎えた5人組ダンス&ボーカルグループ J Soul Brothersは、シングル『J Soul Brothers』でメジャーデビューを果たしたのだった。



インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「アーティスト分析」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる