EXILE HIROに聞く、「LDH PERFECT YEAR 2020」と「Love, Dream, Happiness」の真意

EXILE HIROに聞く、「LDH PERFECT YEAR 2020」と「Love, Dream, Happiness」の真意

 LDH初のカウントダウンライブ『LDH PERFECT YEAR 2020 COUNTDOWN LIVE 2019▶︎2020 “RISING”』を皮切りに、「LDH PERFECT YEAR 2020」がついに幕を開けた。「PERFECT YEAR」は6年に一度のLDH総合エンタテインメントの祭典で、2020年は過去最大級の規模で、一年を通して革新的なエンタテインメントの数々が繰り広げられるという。

 リアルサウンドでは、「LDH PERFECT YEAR 2020」を総力特集。その第1弾企画として、EXILE HIROにインタビューを行った。オリンピックイヤーとも重なる「LDH PERFECT YEAR 2020」の壮大な計画から、LDHが掲げる究極のテーマ「Love, Dream, Happiness」の真意まで、詳しく話を聞いた。ビジョナリストとしてのEXILE HIRO像が改めて浮かび上がる、貴重なインタビューとなった。(編集部)

“輪の力”を使いこなして、それぞれの夢を叶えてほしい

ーーLDHは今年「LDH PERFECT YEAR 2020」を掲げて、年間を通して様々なエンタテインメントを展開します。2008年「EXILE PERFECT YEAR」、2014年「EXILE TRIBE PERFECT YEAR」に続く「PERFECT YEAR」で、ちょうどオリンピックイヤーとも重なりますが、もともと6年に1度を想定していたのですか?

EXILE HIRO(以下、HIRO):「PERFECT YEAR」の開催周期については、最初から計画していたわけではありません。しかし、先を見越して種を蒔いたプロジェクトなどがおよそ6年くらいかけてLDHのスタンダードなエンタテインメントやビジネスモデルに成長し、また次のステージを目指すという大きな流れができたとは感じています。2008年の「EXILE PERFECT YEAR」では、雑誌『月刊EXILE』を刊行したり、あるいはアニメ/漫画の『エグザムライ』シリーズが本格的にスタートするなど、エンタテインメントの幅が広がり、EXILEのあり方自体が大きく変化した年でした。2009年からメンバーが増えて、EXILE第三章が始まるという流れに至る上でも、「EXILE PERFECT YEAR」は重要な節目になったと思います。2014年の「EXILE TRIBE PERFECT YEAR」は、自分がパフォーマーを引退した直後の開催で、三代目 J SOUL BROTHERSやGENERATIONSといった次の世代のグループが飛躍していくきっかけになりました。その後、2020年という日本にとって特別な年でもあるオリンピックイヤーに僕らもエンタテインメントで日本中を盛り上げたい想いが強く、ちょうどPERFECT YEARも6年周期、ここ数年はEXILE TRIBEだけではなくLDH全体で様々な変化があったので、自然と「LDH PERFECT YEAR」を開催しようという流れになりました。

ーーEXILEからEXILE TRIBEへ、EXILE TRIBEからLDHへ、組織のあり方が変わっていくことでブランドが拡大していくようなイメージを抱きました。HIROさん自身は、そのような変化をどのように捉えていますか。

HIRO:仰るように、僕自身にもEXILEのあり方がEXILE TRIBEになり、EXILE TRIBEのあり方がLDHの輪を作っていったという意識があります。自分の働き方も、EXILEのリーダーからEXILE TRIBEのリーダーになり、それがLDHの輪に繋がったというか……。様々なエンタテインメントの点と点を線にして、線を繋げてどんどん輪が大きくなりLDHの中心になっていったように思います。また、夢の広がりと共に仲間が次々に増えていって、彼らと一緒に成長することで、できることの規模が拡大し、その繰り返しで今のLDHのあり方に繋がっているのかなと……。来年もEXILEの20周年を控えているんですけれど、そんなLDHのあり方と共にLDH PERFECT YEARとEXILE 20周年という節目にEXILE自体も大きく変化することになりそうです。

ーー「LDH PERFECT YEAR 2020」ではどんなチャレンジをしますか?

HIRO:「EXILE TRIBE PERFECT YEAR」の時は各グループが一同に集まってライブを開催していましたが、今年は目覚ましい成長を遂げた各グループやアーティストが、それぞれに独自の世界観を作り上げます。基本的には「PERFECT YEAR」のブランドのもと、同じセットで同時多発的にホールからドームまで多くの会場をライブなどで盛り上げ、1年を通してお祭りのような特別なエンタテインメントを発信したいと考えています。これは各グループが成長しなければ、エンタテインメントとしても興行としても成り立たなかったことです。また、季節ごとに「IGNITION」「IMAGINATION」「INFINITY」「BETOND THE BORDER」とテーマを設定しているので、ファンの方には1年を通して新鮮な気持ちで楽しんでもらいたいです。LDHアーティスト全員が、この「PERFECT YEAR」を意識して、それにふさわしいエンタテインメントを実現しようと準備を重ねてきたので、ぜひ参加してみてください。

ーーLDHアーティストの方々にインタビューをしていると、すごく組織というものを意識していると感じます。アーティストが組織を意識することの強みはなんでしょうか?

HIRO:LDHは、人と人との繋がりをとても大事にしています。人々が繋がって輪となり、その輪を意識することで視野も広がりますし、個人としてもより大きなことにチャレンジしやすい環境や状況を作りやすいのかなと。チームの力を使うことによって個人的な夢もより大きいスケールで叶っていくものだと考えています。だからこそ、若いメンバーには仲間の夢を大切にしてほしいと伝えています。若いメンバーにとっては頭では理解していても現実的ではないかもしれないですが……。僕自身がこの世界で様々な経験や体験を繰り返して得た知恵でもありますので、その財産を世代は違いますがLDHの仲間達にはしっかりと伝えていきたいと思います。自分も若い頃はずいぶんと勘違いをしていましたが(笑)。でも、この世界で30年を過ごして振り返ると、LDHがここまで成長できて、僕自身が様々な夢を叶えることができたのは、自分にはない力を持ったメンバーやスタッフ、そしてファンの皆さんといった周囲の方々のおかげです。メンバー同士で夢を語り合い、お互いのために行動するーーそのチームワークこそが、我々の強みなのだと思います。若いメンバーには「LDH PERFECT YEAR 2020」の体験を通して、組織の強みや仲間の大切さを感じてもらい、“輪の力”を使いこなしてそれぞれの夢をどんどん叶えていってほしいです。

ーー「LDH PERFECT YEAR 2020」の一環として、『LDH PERFECT AUDITION』も開催されます。LDHではなぜ、オーディションを重視しているのでしょう?

HIRO:僕自身が新しい才能を求めているということ以上に、成長したLDH所属のアーティストやメンバーの新たな夢を応援するプロジェクト、という意味が強いかもしれません。今のLDHに所属しているみんなの中には、アーティストや表現者として成熟する一方で、新たに若手を育てたり、自身のプロジェクトを始動したいという次の夢を抱いている人が少なくありません。そのチャレンジの機会を設けるのが、彼らへのリスペクトでもあり、LDHが未来に繋がっていくために今、準備すべきことだと考えています。それぞれが自分で見出した才能と、また新しい仲間の輪を作っていくイメージです。様々な経験をしてきましたが、新しい夢を掴むためには新しい風を吹かせることがとても大切で。エンタテインメントとしてお祭り感を演出するというか……。新しい風を吹かせることで、人々の関心が向きやすくもなりますし、そういったことを繰り返して、EXILEは結成から20年近く経った今もドームでのライブが開催できています。今回参加するそれぞれのプロジェクトにお祭り感が出て、キャリアの長いグループやメンバーも今回のオーディションを通じてさらに盛り上がることを期待しています。

ーー『LDH PERFECT AUDITION』は、上の世代のメンバーが次のステージに進むための取り組みでもあると。

HIRO:LDH全体にとっても、これは重要な布石になると考えています。自分の後継者というとおこがましいかもしれませんが、上の世代のメンバーがリーダーシップを発揮して自ら引っ張って行く立場になってこそ、さらに新しいステージが拓けると感じています。そのためにも、今後はEXILE TRIBEやJr.EXILEのリーダーの役割を担うメンバーも決めていきたいと思っています。各チームももちろんですが、各チームの輪からさらに視野を広げて、EXILE TRIBEの輪、Jr.EXILEの輪を意識することでLDHの輪をリアルに感じることができますし、その輪を意識しながら物事を進めていくことで本当に強いチーム力が若い世代にまで浸透していくと思います。ここ数年、僕自身がメンバー達と現場にいる時間が少なくなってきているので、直接メンバーと共有する時間も以前より大分減ってしまいました。僕自身から発信される今のLDHの熱さ、ビジョン、戦略などを直接肌で感じる場面が少なくなったのも現実なので、僕が各リーダーに、LDHのビジョンやリーダーとしてのあり方、今まで現場で僕自身が直接発信してきたことを伝えて、僕と現場にいるメンバーとの通訳的役割になってほしいな……と。今後はメンバー一人ひとりに様々な場面で直接伝えていくことももちろんですが、リーダーとなる人達を徹底的に鍛えて育成し、リーダーたちに率先して各チームを引っ張っていってもらいたいと思っています。

コラムPick Up!

もっとみる

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「インタビュー」の最新記事

もっとみる

映画部Pick Up!