『ユイカ』「好きだから。」バイラルチャートでも存在感 リスナーの感情と重なる“新たな青春ラブソング”

参照:https://spotifycharts.com/viral/jp/weekly/latest

 Spotifyの「バイラルトップ50(日本)」は、最もストリーミング再生された曲をランク付けした「Spotify Top 50チャート」とは異なり、純粋にファンが聴いて共感共有した音楽のデータを示す指標を元に作られたプレイリスト。同チャートを1週間分集計した数値の今週分(7月29日公開:7月22日~7月28日集計分)のTOP10は以下の通り。

1位:KIMMUSEUM「We’re Already」
2位:『ユイカ』「好きだから。」
3位:清水美依紗「Starting Now ~新しい私へ」
4位:M&A, Бэтси「Симпл димпл поп ит сквиш」
5位:Måneskin「Beggin」
6位:nns, kkn, Ryu「!!!」
7位:エイトMAN「好きすぎて会いたい」
8位:Night Off「Nevertheless」
9位:いけてるお兄さん(CV:宮野真守)、うたのお姉さん(CV:水樹奈々)「ABC体操」
10位:麻倉もも「ピンキーフック」

 Spotify Top 50チャートではBTSの「Butter」「Permission to Dance」「Dynamite」がトップ3を独占し、優里、YOASOBI、Official髭男dismといったアーティストがひしめくなか、バイラルトップ50では全く違うラインナップがチャートを賑わせており、期待のアーティストが頭角を現す場となっている。実際、今週もTop 50にランクインをしているAdo「うっせぇわ」や優里「ドライフラワー」といったヒット曲も、リリース当初はバイラルトップ50を賑わすアップカミングな存在であった。

『ユイカ』「好きだから。」

 そんな、今後活躍が期待されるアーティストや楽曲が潜んでいるであろう今週のバイラルチャートの結果を見てみよう。トップ3の顔ぶれは変わらずKIMMUSEUM「We’re Already」、『ユイカ』「好きだから。」、清水美依紗「Starting Now ~新しい私へ」の3曲。今回は2週連続で2位をキープしている『ユイカ』「好きだから。」に注目したい。首位獲得が目前の本楽曲の魅力に迫ってみよう。

 『ユイカ』は、TikTokを中心に活動している現役高校生シンガーソングライター。米津玄師やMrs. GREEN APPLE、back numberなど、さまざまなアーティストの弾き語りカバー動画をTikTokに投稿して話題を集めるなか、リリースされたのがオリジナル楽曲「好きだから。」である。YouTubeにアップされた本楽曲のリリックビデオは、公開から約1カ月間ですでに340万回再生を突破し(8月2日時点)、6000件近いコメントも投稿されるなど人気の火種は着実に広まっているようだ。

好きだから。/ 『ユイカ』【MV】



インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「音楽シーン分析」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる