ゴールデンボンバー、観る者を全力で楽しませる変わらぬ安心感 『楽器を弾いたらサヨウナラ』ツアーファイナルレポ

ゴールデンボンバーの変わらぬ安心感

 7月25日、ゴールデンボンバー全国ツアー2021『楽器を弾いたらサヨウナラ』ファイナル公演が、神奈川・ぴあアリーナMMにて開催された。会場はほぼソールドアウト、そして各配信サイトにて生中継され、大いに盛り上がった一夜をレポートする。

 樽美酒研二(Dr)が、ときに真面目に、ときにコミカルに、ライブ前の諸注意をアナウンスし、和やかな雰囲気のまま開演時間を迎えた。

 喜矢武豊(Gt)の独白から始まったオープニング映像。エアーバンドとして活動している彼は、実はギターを弾くのが大好きなのだが、バンド内の空気を乱すわけにもいかず鬱屈した想いを抱えていた。しかし生演奏を忌み嫌うリーダーの鬼龍院翔(Vo)は、ギターのチューニングが合っていることすら許さない。先輩であるDAIGOの前でも「楽器を弾きたい」という本音を出せない日々。生演奏への想いは徐々に膨らんでいき、ライブ当日を迎えた喜矢武は……。

歌広場淳(Ba)

 そんな映像を経て、ツアーのテーマソングの新曲「THE ガマン」でライブはスタート。スクリーンには「本当の姿を見せれる場所はありますか?」という歌詞とともに喜矢武がこれまで披露してきた、体を張った数々のパフォーマンスが映し出される。続いての「暴れ曲」で歌広場淳(Ba)が、「ファイナル! 会いたかったぞ! 暴れようか!」と、気合いたっぷりに観客を煽る。

 無事ツアーファイナルを迎えたことに感謝を述べるメンバー全員、そして「来てくれた方には最高に楽しませることを誓います」と鬼龍院。配信を視聴しているファンに対しても「ライブの楽しさを伝えるために、気持ちだけは画面を突き破って行くんで」と続け、会場のファンも拍手や声援代わりの音の出るグッズ・ゴールデンボールなどで嬉しさを表現し、配信のコメント欄も歓喜の声にあふれていた。

 鬼龍院は恒例の「キスミー」で挨拶し、「最近ドラマ出演が続いている、主役級の大役が来るかも」と喜矢武が語る。歌広場は「ポケットから淳です(キュンです)」というネタを披露するも、皆から「どういうコト?」とツッコまれる。樽美酒は「最近腹筋を鍛えている、腹筋太鼓をやりたい」と宣言。

 そんな自己紹介を経て始まった「抱きしめてシュヴァルツ」の間奏では、医療ドラマの「大役」フラグを立てた喜矢武が「鯛役」の格好で登場。一方の樽美酒は傾斜のついた台の上で、渾身の腹筋太鼓を披露するも、台から滑り落ちてしまう。ついでにズボンも脱げてしまったためパンツ一丁に。鬼龍院から「真面目にやれ、やりなおせ」とツッコまれ、歌広場の協力のもと再チャレンジするも、限界に達して気絶してしまい「失神太鼓」、そしてその後「失禁太鼓」に……。曲が終わると「(ゴールデンボンバーは)何も変わってません!」と叫ぶ鬼龍院の声に、誇らしそうに決めポーズをするメンバーたち。そう、これがテレビではご覧いただけない方のゴールデンボンバーです。

鬼龍院翔(Vo)
鬼龍院翔(Vo)

 続いての「首が痛い」では、再び喜矢武が鯛の姿で登場し、「もう一回タイ」……。オープニング映像に出演したDAIGOへの感謝を込めた「毒グモ女(萌え燃え編)」、メンバーがステージ狭しと楽しそうに動き回る「かまってちょうだい///」とアッパーチューンが続き、映像パートへ。今回は「絶対に被ってはいけない熱々ローションパーティーゲーム」と称し、頭に装着した熱々ローションをこぼさないように、ドッジボールやゴムパッチンゲームなどに興じていた。ローションまみれになる映像内の壮絶さに比べて淡々とした実況が笑いを誘う。

 そして恒例の「僕の名前は鬼龍院……」から始まる演劇タイム。高校の同級生の喜矢武に恋をする鬼龍院。なお喜矢武も鬼龍院に想いを寄せており、実は両想いなのだが、喜矢武は実は吸血鬼だったのだ……という設定のラブコメである。劇中の雰囲気に合わせた楽曲が披露されるのがお約束。冒頭はドラマティックな「死 ん だ 妻 に 似 て い る」、鬼龍院が喜矢武の気持ちに気づいたパートは、切ない「男心と秋の空」、二人の気持ちがすれ違ってしまったくだりでは「さよなら、さよなら、さよなら」が披露される。紆余曲折を経てある種のハッピーエンドをむかえると、鬼龍院が高らかに「HEN」を歌い上げ、物語は締めくくられた。

 その後、サイドステージに登場した喜矢武が「最近の話題といえばオリンピック、自分も出場したい」と切り出し、今回からの新種目であるボルダリングに挑戦すると宣言。そして残りのメンバーもサイドステージに移動し、「咲いて咲いて切り裂いて」、「101回目の呪い」で大いに盛りあげた。

 「移動中メインステージに誰もいないのはどうなのか」という配慮により、「Dance My Generation」ではMVの衣装をまとった影武者が登場し、ワンコーラス熱唱する一幕も。その後のギターソロではボルダリングならぬ「段ボールダリング」に挑戦。しかし残念ながら段ボール製が故に壁が破れ、喜矢武は落下してしまう。会場の空気も最高潮の中、「キスミー」を届けると会場も配信のコメント欄もありったけの手拍子で応え、本編ラストは「#CDが売れないこんな世の中じゃ」。ここで急遽鬼龍院がトイレに行ってしまい、ステージから消えてしまうアクシデントが発生する。

 ここで冒頭の映像を思い出そう。楽器を弾きたくて仕方ない喜矢武からすれば、それを禁ずる鬼龍院の不在は千載一遇の生演奏チャンスである。しかし「バレたらどうしよう」と悩んでいるうちに鬼龍院は戻ってきてしまい、結局喜矢武は演奏することができないまま、本編は終了する。そしてアンコールの声(※録音)とゴールデンボールの音が響く中、映像トラブルによりステージ袖で鬼龍院と思わしき人物に詰められている喜矢武の映像が映し出されてしまう。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「ライブ評」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる