ゴールデンボンバー、全国各地のファンへ思い届けた『エアーツアー』 地方民を大事にするエアーバンドならではの奇策

ゴールデンボンバー、全国各地のファンへ思い届けた『エアーツアー』 地方民を大事にするエアーバンドならではの奇策

 10月16日から18日にかけて、『ゴールデンボンバー全国縦断無観客ライブ「エアーツアー」』3daysが開催された。

 「エアーツアー」とは何なのか? 公式サイトにはこうある。

「長距離移動が何かと難儀なこのご時世に、せめて配信上だけでもツアー先でのライブの雰囲気をお届けできないものかという考えから、今回は毎回「これでもか」というくらい各地の要素や雰囲気を醸し出したライブや、ご当地名物を食べながら行うトークを都内からお届けします。」

 数多のバンドが様々な形でのライブ配信を模索するなか、エアーご当地ライブを開催するとは、地方民を大事にするエアーバンドならではの奇策といえる。

 初日「~気持ちは北海道~」は、全国縦断ツアーのために東京脱出を試みるも、「自粛警察」に妨害されてしまうゴールデンボンバー……という映像からスタート。追手から逃げ切り、無事に到着。鬼龍院翔(Vo)による、北の国から流れてきたようなBGM、ぶらり途中下車したかのようなナレーションとともに、牛やクマと戯れながら、北海道を楽しむメンバーが微笑ましい。

 そして1曲目は、「やんややんやNight ~踊ろよ北海道~」でスタート。まさにこの公演にピッタリの曲である。

 無観客ながら、画面からは「ファンの念が強すぎる」ことにより、観客の姿も映し出され、声援も聞こえてくる。そんな親切設計でおなじみのゴールデンボンバーの配信ライブ。演奏中にノートパソコンを手にし、コメントチェックする鬼龍院の姿もおなじみになりつつある。部屋でひとりで観ていても、なんだかひとりじゃないような気がしてくるのが不思議だ。

 ライブハウスの壁が薄いとのことで、はからずも札幌名物の時計台が透けて見えてしまうステージに立つメンバー。そう、これはけっしてビジョンにうつしだされた映像ではないのだ。ここは気持ちの上では北海道なのだから。

 久しぶりの遠征ライブということで、おおはしゃぎのメンバー。「抱きしめてシュヴァルツ」では、喜矢武豊(Gt)、樽美酒研二(Dr)による、身体を張ったご当地ギャグを披露するのが定番であるが、今回、喜矢武はスープカレーを一気飲みしたのち、歌広場淳(Ba)の手助けで「流しスープカレー」に挑戦したかと思えば、尻にキツネの顔を描き「キタキツネ」ならぬ「キタケツネ」に扮し、ピンポン玉を産卵する樽美酒。あまりのカオスさに「想像以上の見た目の悪さ」と鬼龍院も困惑。

 その後も「なまら(方言)」と連呼した後にサッポロ一番をそのまま食べる(生ラー)というダジャレ、スノーボード、そして曲中にに乱入する乳牛と蟹……。連想ゲームのように北海道要素を詰め込むだけ詰め込む濃密な1時間。3日間このテンションでやるとのことで、一体どんな3日間になるのだろうか……。

 翌日の「~気持ちは大阪~」も、前日同様大阪にたどり着いて、ビリケンさまに挨拶し、串カツを堪能するゴールデンボンバー御一行。串カツ屋の店舗に「水道橋」と書いてあったが、それは見なかったことにしよう。そう、ここは気持ちの上では大阪なのだから……。

 「ライブハウスの壁が薄(以下略)」ということで、道頓堀を背にし、「やんややんやNight ~踊ろよ大阪~」からスタート。続いての「綺麗になりたくて」では「汚」の旗を振る鬼龍院。昨日の疲れを見せないテンションだ。

 この日も「抱きしめてシュヴァルツ」の「ユニバーサルスタジオジャパンのミニオンズ」ならぬ、「シリオンズ」を披露する樽美酒。「粉もんが好き」という前フリから、お好み焼きを作るのかと思いきや、粉をそのままかぶる喜矢武から始まり、続いて阪神タイガースならぬ“半身タイガース”と化する喜矢武。

 自身が愛してやまない激安ご当地スーパー・スーパー玉出のキャラ「玉出くん」に扮してお惣菜を配り歩く樽美酒。なおそんなキャラは実際には存在しない。続いては大坂なおみ選手(?)に扮する喜矢武……というか、それはご当地ではなく名字だけじゃないか。

樽美酒研二(Dr)(写真=ユークリッド・マネージメント)

 しっとり「ごめんね、愛してる」を歌い上げようとするも、背景の道頓堀ダイブに邪魔をされ、ステージに登ってきた大阪のおばちゃんに勢いよく絡まれてしまう……などなど、抱腹絶倒のご当地ネタの連打に、思わず感心してしまう。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「ライブ評」の最新記事

もっとみる