HiHi Jets 井上瑞稀&髙橋優斗&作間龍斗、大ブレイク目前か 思わず惹きつけられる魅力

 今まで以上に、HiHi Jetsの勢いが増している。美 少年とともに舞台『少年たち』の主演が決定し、『裸の少年』(テレビ朝日系)も絶賛放送中だ。さらに、4月10日には『HEY!HEY!NEO!MUSIC CHAMP』(フジテレビ系)にも出演した。特に井上瑞稀、髙橋優斗、作間龍斗はドラマにも引っ張りだこ。現在放送中のドラマ『DIVE!!』(テレビ東京系)では3人で主演も務めている。

HiHi Jets
HiHi Jets

  井上は8歳でジャニーズ事務所に入所しており、20歳にしてジャニーズ歴12年。だからこそ、高いプロ意識を持つ人物だ。そのプロ意識は『DIVE!!』でも発揮されており、高所恐怖症で泳げなかったにもかかわらず、見事な飛び込みを見せるまでに成長している。さらに、ファンから言われて嬉しいことを問われると「いつも自分の中でストーリーを持たせてパフォーマンスをしているんですけど、たまにその僕の解釈を当ててくれるファンの方がいて。おぉ!ってなります」(※1)と回答。アイドルと言うよりもアーティストのようなコメントを残している。また、叶えたい夢として日本アカデミー賞受賞を掲げており、向上心の高さも伝わってくる。

 こうして真摯に仕事に向き合っている一方で、「店員さんも呼べないんです、僕。一人ごはんもギリギリ。旅ももちろんダメ」(※2)と意外にも小心者な一面も。完璧な中にあるこういった性格が愛嬌ポイントとなり、井上の愛され力に繋がっているのだろう。さらに、自身を「目標を決めずに今を一生懸命生きるタイプ」と称しており、等身大のガムシャラさを見せるのも好感度が高い。

 グループ最年長でセンターを務めているのは、髙橋。MCや進行役を務めることも多い彼は、ここ数年役者の仕事も順調にこなしてきている。2020年も『彼らを見ればわかること』、『SUITS/スーツ2』、『#リモラブ 〜普通の恋は邪道〜』とコンスタントにドラマに出演。髙橋は元々野球少年であり、ジャニーズ事務所に入所したのも今から約6年前だ。だが、かなりの努力家であるため、こうしてソロ活動も次々と獲得しているのではないだろうか。その努力家の面は、連続ドキュメンタリー『RIDE ON TIME』でも見えていた。転倒しながらも繰り返しローラースケートを練習していたり、足に血をにじませつつローラースケートを履き続けたり……。それでも、弱音を吐くことなく、努力を続けるからこそ、応援したい気持ちが湧いてくる。

 そして仕事に向き合う姿勢だけでなく、キャラクターとしても応援したくなるのが髙橋だ。グループの中で最年長だが、入所が一番遅いためメンバーから微笑ましいイジりをされることもしばしば。これまでセンターといえばグループを力強く引っ張っていくタイプが多く、髙橋のようなキャラは珍しいのではないだろうか。彼らは“応援したい系センター”という新しいポジションを築いたのかもしれない。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「アーティスト分析」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる