CYNHN、ukka、フィロのス、エビ中……2021年、新たな挑戦に期待が集まるアイドルたち

CYNHN、ukka、フィロのス、エビ中……2021年、新たな挑戦に期待が集まるアイドルたち

 2020年は新型コロナウイルスの影響で、ライブや特典会が活動のメインの女性アイドルは大きなダメージを受けた。それでも2020年に飛躍をしたり2021年にさらなる挑戦を試みているグループもいる。そんな女性アイドルグループから今回は8組を選んでプレイリストを作成してみた。

2021年注目のアイドルグループ

CYNHN「氷菓」

CYNHN「氷菓」MV

 2020年度のアイドル楽曲大賞メジャー部門で第2位になったCYNHN。ロックを歌う女性アイドルは今では珍しくないが、それらは歪んだギターや激しく重い演奏が印象的で、パンクやラウドロックに影響を受けた音楽性が多い。

 しかしCYNHNはクリーントーンのギターが印象的な曲が多く、軽やかで爽やかなロックを歌う。そのような音楽性の魅力が少しずつ浸透しているので、2021年はグループにとって飛躍の年になる予感がする。

 このプレイリストでは2020年12月にリリースされたEP『#0F4C81』に収録されているmol-74が提供しトオミヨウが編曲した「氷菓」を選曲した。

乃木坂46 4期生 「Out of the blue」

乃木坂46 『Out of the blue』

 2020年に乃木坂46「I see…」がバズったことは予想外だった。シングルのカップリング曲でテレビに頻繁に出るメンバーも少ない4期生の楽曲だったからだ。それが「SMAPっぽい」と話題になり、楽曲が評価されメンバーの人気も上昇した。

 4期生による新曲「Out of the blue」も90年代J-POPの影響を感じるディスコチューン。作曲は「I see…」と同じくyouth case。

 すでに国民的アイドルグループである乃木坂46ではあるが、4期生によってグループの新しい歴史や方向性が生まれる予感がする。

ukka「恋、いちばんめ」

ukka / 恋、いちばんめ [Official Music Video]

 インディーズの女性アイドルで現在最も勢いがあるグループはukkaだと思う。2020年にはLINE CUBE SHIBUYAでのワンマンライブを完売させ、今年は初の全国Zeppツアーを開催予定である。

 元々は桜エビ~ずという名前で私立恵比寿中学の妹分ユニットとして活動していたグループ。下積み期間が長かったが、2018年に12カ月連続で新曲を配信リリースしてから風向きが変わった。

 楽曲のクオリティやメンバーのパフォーマンス力の高さが評価されたのだ。昨年末にはメンバーの桜井美里の卒業もあったが、グループの勢いは止まらないだろう。むしろ新しいukkaとして素晴らしい活動を見せてくれることを期待したい。

 今回は2020年にリリースされた現時点の最新曲「恋、いちばんめ」を選曲した。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「アーティスト分析」の最新記事

もっとみる