平手友梨奈、鞘師里保……元人気アイドルの音楽活動再開相次ぐ ソロ転身後の新たな成功例を作るか

 アイドルを卒業後にソロへ転身し音楽活動で成功しているケースもある。元NMB48の山本彩はシンガーソングライターへ転身し、以前から定評のあった高い歌唱力を活かして順風満帆な活動をしている。ロックフェスへの出演も増えて新しいファンも獲得しているようだ。

山本彩 – 「ゼロ ユニバース」Music Video

 元°C-uteの鈴木愛理はソロになってからも日本武道館など大きな会場でもライブを行なっている。2020年には鈴木雅之とのデュエット曲「DADDY ! DADDY ! DO ! feat. 鈴木愛理」が話題になった。彼女の持ち前のキュートで明るいキャラクターや透き通った声質を活かして、活動の幅を広げている。

鈴木雅之 – DADDY ! DADDY ! DO ! feat. 鈴木愛理 / THE FIRST TAKE

 ソロで成功している元アイドルは、誰もが「自分がやりたいこと」を突き詰めていることと自身の強みを活かして活動の幅を広げていることが共通していると感じる。そのことを踏まえると、平手友梨奈と鞘師里保もソロ活動で成功する要素を備えていると言える。まだ活動を再開したばかりの2人。これからさらに自身の音楽性や能力を突き詰めて、より魅力的な活動をしていく予感がする。

■むらたかもめ
オトニッチというファン目線で音楽を深読みし考察する音楽雑記ブログの運営者。出身はピエール瀧と同じ静岡県。移住地はピエール中野と同じ埼玉県。‬ロックとポップスとアイドルをメインに文章を書く人。
ブログ
Twitter

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「音楽シーン分析」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる