鞘師里保の完全復活は近い? 『ひなフェス』出演やBABYMETAL合流などの伏線を読む

 2019年6月末、運命に導かれたかのようなステージでの競演が大きく報じられた。話題の中心にいたのは、SU-METALとMOAMETALからなるBABYMETAL。そして、元・モーニング娘。のエースメンバーであった鞘師里保だった。

『モーニング娘。 鞘師里保 全集2011-2015』

 かつて3人組として活動していたBABYMETALは、一昨年12月のYUIMETAL休養を受けて以降、昨年は変則7人体制による“ダークサイド”を掲げて活動。昨年10月にYUIMETALが正式にグループからの脱退を発表してからも、ファンを中心に、ユニットの舵取りに大きな注目が集まっていた。

 そして今年、6月からの新体制を表明したBABYMETALは、3人の“アベンジャーズ”を輪番でパフォーマーとして招へいするスタイルへ移行。7月中旬現在では、3人目のパフォーマーは明かされていないものの、SU-METALとMOAMETALに加えて、先述の鞘師と、彼女たちのルーツでもあるさくら学院の生徒会長・藤平華乃のいずれかがステージへ立つ形で、国内外でのライブを敢行している。

 なかでもメディアから大きな注目を集めたのが、鞘師の存在であったが、なぜ彼女がこれほどまでに取り沙汰されたのか。その経歴やBABYMETALとの接点をたどると共に、さらにその先で生まれたファン同士の交流からみえたユニットの“今”に思いを巡らせてみたい。

モーニング娘。時代は66曲に参加。エースとして活躍した鞘師の歩み

 鞘師がモーニング娘。へ加入したのは、2011年1月だった。2010年に開催されたハロー!プロジェクト(以下、ハロプロ)のオーディション『Jc&Jk女子中高生女優オーディション』へ合格後、同グループの主演舞台『ファッショナブル』に出演。そして、直後に行われた『モーニング娘。9期メンバーオーディション』を経て、現在のモーニング娘。’19でリーダーを務める譜久村聖、サブリーダーの生田衣梨奈、2016年5月に卒業した鈴木香音と共に活動を開始した。

 以降、同グループのフェーズとして位置付けられる“プラチナ期”を支えた高橋愛や田中れいなを継ぐ活躍を期待された鞘師は、45thシングル『まじですかスカ!』から60thシングル『冷たい風と片思い/ENDLESSSKY/OneandOnly』までカップリング曲やアルバム曲も含む66曲に参加(※1)。中核を担うメンバーとしての存在感をみせつけた50thシングル表題曲「 One・Two・Three」など、同グループの楽曲がEDMへ転換した時期の象徴として、持ち前の歌やダンスによりパフォーマンスをけん引していた。(※1参考:モーニング娘。’15を年内で卒業! 鞘師里保の参加楽曲は全部で何曲?

 しかし、2015年10月に同グループの公式ブログで「英語やダンスを学ぶために留学したい」と綴り卒業を報告。さらに、昨年6月に卒業した尾形春水、現在もモーニング娘。’19で活躍する野中美希、牧野真莉愛、羽賀朱音ら「12期メンバーの後輩達の成長が確認できたので」と決意した理由を明かし、同年の大晦日に行われたハロプロのカウントダウンコンサート『Hello! Project COUNTDOWN PARTY 2015 〜 GOOD BYE & HELLO!〜』でいったんはステージを後にした。

 ハロプロでは、卒業メンバーは各所属グループの単独公演で見送られる慣例もあるが、合同コンサートが最後の舞台となるのは異例の対応だった。その流れも受けてか、以降は彼女のその後を気にかけるファンの声も目立っていたが、今年3月に幕張メッセ国際展示場で行われたハロプロの合同コンサート『Hello! Project 20th Anniversary!! Hello! Project ひなフェス 2019』で表舞台へ久々に復帰。先述の「One・Two・Three」や46thシングル曲「Only you」を現役メンバーと共に歌い上げ、およそ3年3カ月ぶりとなる彼女のパフォーマンスは、ファンを中心に大きく話題を集めた。

コラムPick Up!

もっとみる

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「アーティスト分析」の最新記事

もっとみる

映画部Pick Up!