加藤史帆、富田鈴花、影山優佳……日向坂46、独自路線でファンを魅了する実力派メンバー

 シングルデビューから3年目に突入する日向坂46。昨年はメンバーのソロ活動が増え、各メディアで日向坂46の名前を見ない日はなかった。2021年はさらにお茶の間の認知を広げ、老若男女に愛される国民的アイドルへの道を切り拓いていくことだろう。また、日向坂46がそうしたアイドルグループになっていく上で重要になってくるのは、やはりメンバー個人が自身の魅力を発信していくこと。そこで、昨年の活動を振り返りながら、今後のさらなる飛躍に期待したいメンバーを紹介していく。

『ひなたざか』(Type-A)
『ひなたざか』(Type-A)

  まずは加藤史帆。日向坂46の中心を担う1人として、パフォーマンスでは齊藤京子との最強コンビでグループを牽引している。『CanCam』の専属モデルとしてだけでなく、『日向坂で会いましょう』(テレビ東京)MCのオードリーや『レコメン!』(文化放送)で共演しているオテンキ・のりに鍛えられたバラエティ力で、グループの中でも一番タレント性が高い存在だ。年末年始には、特番の『クラッシュパーク』(日本テレビ系)に出演した他、『芸能人格付けチェック! 2021お正月スペシャル』(テレビ朝日系)ではフリとオチのきいた見事な玉砕ぶりで出演者を笑わせ、『逃走中〜ハンター迎撃作戦』(フジテレビ系)でも活躍しSNSで注目を集めるなど、どの番組もしっかり爪痕を残している。“へにょへにょしてるけど正義感が強い”というファンが知っている彼女の魅力が、多くの国民が見守る年末年始の番組に映し出されていた。タレントとして知名度を上げたことでソロでの番組出演が増えることは間違いなく、今後のさらなる活躍が期待される。

 また、今年成人を迎える富田鈴花にも注目したい。この1年でグッと美しさも増し、かつての迷走キャラももはや今となっては自然体。トーク回しのうまさと、常に何かを期待させる頼もしい存在となっている。特に富田といえばものまねだ。『ひなあい』では、『音のソノリティ』(日本テレビ系)のオープニングを完コピする職人芸を披露したこともある。そんな類稀なるセンスが買われたのか、『ものまねグランプリザ・トーナメント2020』(日本テレビ系)の審査員や、『光の先には何がある!?突撃解明!なんて光だ』(日本テレビ系)でアシスタントに抜擢されるなど、メンバーの中でも独特なソロ活動をみせている。ただ、今年期待したいのは「バラエティ」以上に「歌」での活躍。元々富田の歌唱力には定評があり、松田好花とのデュオ・花ちゃんズでのパフォーマンスをはじめ弾き語りの機会も多い。先月行われた『ひなくり2020 ~おばけホテルと22人のサンタクロース~』でも、この日サプライズ出演した松田をフォローするように、安定した歌声で見事なハモりを見せていた。歌番組への出演も多い日向坂46は、今後持ち曲以外の楽曲も披露する機会が増えていくことだろう。それには、富田のような安定して歌える存在が重要だ。また昨年行われる予定だった、花ちゃんズによる『MTV ACOUSTIC FLOWERS』での弾き語りライブが延期となっているが、今年こそはその歌声をアピールしたいところだ。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「アーティスト分析」の最新記事

もっとみる