日向坂46×アンガールズ田中、着々と築かれる新たな関係性 『ひなあい 』企画で生まれた“大きな笑い”

 アンガールズ田中卓志がついに日向坂46の冠番組『日向坂で会いましょう(以下:ひなあい)』(テレビ東京)に出演。「時は来た!やっとこさ、わたしの番です!~アンガ田中をメチャクチャにしましょう~」と題したドッキリ企画が放送され、大きな盛り上がりを見せた。

日向坂46『ひなたざか』(通常盤)
日向坂46『ひなたざか』(通常盤)

  そもそも田中がこの番組に出演するきっかけとなったのは「第2回 企画プレゼン大会」で渡邉美穂が“どっきり企画をやりたい”と番組MCのオードリーに直訴したこと。その中でターゲットの候補者に挙がっていた、アンガールズ田中が選ばれた。しかし、多忙なアンガールズ田中のスケジュールが合わず、なかなか実現出来ずにいたが、今回満を持しての『ひなあい』出演となった。ちなみに、アンガールズ田中卓志と日向坂46メンバーは、この1年、ゲーム番組を中心に着々とその関係性を築いている。

 今回の“ニセ番組収録”ドッキリ企画でもこれまで共演回数の多い金村美玖、丹生明里が活躍を見せた。丹生は『有吉ぃぃeeeee!~そうだ!今からお前んチでゲームしない?』(テレビ東京)収録時の“しくじりエピソード 肉のカーテン事件”をガチンコで相談し、番組を盛り上げた。若林正恭のリモート指示があったとはいえ、金村も大喜利要素のあるクイズコーナーで積極的に回答し、山場を作った。

 ”国民的彼女”を目指す齊藤京子は終始ぶりっ子キャラに徹することで、ほかのメンバーとは異なる角度で番組を盛り上げた。齊藤のキャラクターっぷりに困惑する田中ではあったが、まったくブレることのないぶりっ子芸は確かなインパクトを残していた。

 特にお見事だったのはニセ番組収録に参加する日向坂46の団体芸ではないだろうか。台本が目の前に落ちた際、アンガールズ田中は自身のネタ「ジャンガジャンガ」を披露したが、目の前にいたメンバーたちはとっさに同じポーズを取った。田中が「勝手にやるな(笑)! 俺がやってるんだから」と主張するも、若林の指示で佐々木久美がもう一度台本を落とすと、今度は収録メンバー全員が「ジャンガジャンガ」を繰り出した。“てんどん”もしっかりマスターし、全員で笑いを生み出していく姿勢はやはり見事だ。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「アーティスト分析」の最新記事

もっとみる