ミスチル、セカオワ、King Gnu、back number……人気と実力兼ね備えたバンド勢揃いのドラマ主題歌 音楽性や傾向を探る

 現在、佳境を迎えている2020年10月期ドラマ。主題歌を担当しているアーティストの中でも、Mr.Children、SEKAI NO OWARI、King Gnu、back numberといったバンド勢が目立っている。人気と実力を兼ね備えたトップアーティストが顔を揃えた今期の主題歌。その楽曲の音楽性や傾向を探ってみたいと思う。

Mr.Children「Brand new planet」(カンテレ・フジテレビ系ドラマ『姉ちゃんの恋人』主題歌

Mr.Children『SOUNDTRACKS』
Mr.Children『SOUNDTRACKS』

 いわゆるコロナ後の“ニューノーマル(新しい日常や常識)”の中でスタートした今期のドラマ。『姉ちゃんの恋人』は、まさに「コロナという形の見えない不安によって壊れかけた世の中に向けて、人やモノの“希望”と“再生”の物語を届けたい」(参照:ドラマ公式サイト)という思いで制作されたドラマだ。本編は、事故で亡くなった両親の代わりに3人の弟を育ててきた主人公・安達桃子(有村架純)が、会社の同僚・吉岡真人(林遣都)に恋をする、というストーリー。桃子にとって恋は、新たに訪れたハッピーな日常。だが真人は、ある辛い過去を抱えている。彼はそれを乗り越えることができるのか? そんな“希望と再生”というドラマのコンセプトを受けて提供された主題歌が、Mr.Childrenの「Brand new planet」である。始まり感のある爽やかなサウンドと突き抜けたボーカルが印象的で、〈新しい「欲しい」までもうすぐ〉というサビのフレーズがキモとなる1曲。また〈絡みつく憂鬱にキスをしよう〉〈静かに葬ろうとした 憧れを解放したい〉という歌詞が、鬱屈した気持ちや不安と隣り合わせにいる現代社会へのメッセージであると同時に、劇中のふたりの恋を後押ししているようにも思える。根底にあるのは、やはり“希望と再生への願い”だろう。

Mr.Children 「Brand new planet」 from “MINE”

SEKAI NO OWARI「silent」(TBS系ドラマ『この恋あたためますか』主題歌)

SEKAI NO OWARI「silent」
SEKAI NO OWARI『silent』

 『この恋あたためますか』は、コンビニのアルバイト店員の主人公・井上樹木(森七菜)が、バイト先であるコンビニチェーンの若き社長・浅羽拓実(中村倫也)と出会い、コンビニスイーツの開発を手がけるうちにお互いに惹かれ合っていく……というラブストーリー。さらに、スイーツ開発の仲間2人を交えた恋の四角関係が繰り広げられる。クリスマスシーズンという背景、スイーツというアイテムがそれぞれの恋の行方に関わる重要なキーポイントとなり、ドキドキ感が自ずと掻き立てられる本編。そして、SEKAI NO OWARIがこのドラマのために制作した「silent」が、さらなる演出効果をもたらしている。同曲は、澄みわたった鈴と鐘の音に心洗われるクリスマスソング。降り積もる雪に周囲の音が吸い込まれていく静けさの中、抑えきれずに“恋の鼓動”が心に鳴り響く。でも好きな人はここにはいない……。そんな寂しさが表現されている。SEKAI NO OWARIの真骨頂ともいえるファンタジックな世界であり、ドラマの切ない恋模様に甘酸っぱさを添えている。

SEKAI NO OWARI「silent」

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「音楽シーン分析」の最新記事

もっとみる