ヤバイTシャツ屋さん、SUPER BEAVER、WANIMA……ロックバンドのアティチュード示す、切実なメッセージが光る新曲たち

 今、ロックバンドがアツいーーなんて言うと、コロナ禍でなかなかライブもできない状態なのに、何を言っているんだと思われるかもしれない。だが、こんな状態だからこそ浮き彫りになっているロックバンドの底力に、私は猛烈に支えられているのだ。今回は、そんな中でもメッセージやアティチュードに惹きつけられた3曲を紹介したい。

WANIMA『Cheddar Flavor』

 まずはWANIMAの「Cheddar Flavor」。9月22日にZOZOマリンスタジアムで行われた『COMINATCHA!! TOUR FINAL LIVE VIEWING ZOZO MARINE STADIUM』において、「その翌日にミニアルバム『Cheddar Flavor』をサプライズリリースする」という発表とともに披露された表題曲だ。聴いてすぐに〈LaLaLaLaLaLa〉と軽く口ずさめるキャッチーさを誇っており、日々の足取りも弾ませてくれるような楽曲。これだけでも十分、今の時代に必要な音楽の役割を果たしていると思うのだが、この楽曲が含む意味合いはそこに留まらない。〈手伸ばして声枯らしてここに立ってんだ〉から思い出す、彼らが今のポジションに至るまでに重ねてきた数々の試練。〈生きる場所にこだわってる〉に表れている、バンドという居場所やライブのステージを彼らが切実に必要としていること。さらには〈反撃の隙を見計らってる/息を潜め戦ってる/己を奮い立たす〉に見える、彼らの内に滾る想い、そしてライブハウスや音楽シーンの現状。長くも重くもない一曲の中に、これほどズシリと意味を込めた彼らのスキルは圧巻の一言。そしてライブバンドとして窮状にぶつかりながらも、世の中を照らすほどのエネルギーを燃やし続ける彼らは、やはり本物だ。

WANIMA「LIFE」・「Cheddar Flavor」OFFICIAL MUSIC VIDEO
SUPER BEAVER『突破口 / 自慢になりたい』

 次は、SUPER BEAVERの「突破口」。10月21日にリリースされたシングル『突破口 / 自慢になりたい』からの1曲だ。彼らはこの春、結成15周年を迎え、さらに6月には再メジャーデビューを果たした。2020年は記念すべき年なのだが、コロナ禍という状況である。それでも彼らは果敢に新曲の発信を続け、10月には日比谷野外大音楽堂にて『SUPER BEAVER 15th Anniversary 都会のラクダSP~ラクダビルディング&ビルディング~』を有観客&配信という形で行った。そこでも披露された「突破口」は、曲名そのものが言い表す通り、先が見えない今、誰もが欲しているものではないだろうか。サウンド面でも、力強いドラミングを筆頭に、暗闇に穴を開けてくれそうなパワフルさを誇っているのだ。SUPER BEAVERは山あり谷ありの物語を歩んできたバンドだが、何よりもライブを重ねることで力を培ってきた。今年ライブ活動で足踏みをしたとはいえ、培ってきたものは衰えないことを証明しているような楽曲だと思う。さらには〈今をやめない 味わい尽くして 笑おう〉という、酸いも甘いも知る彼らだからこそ歌える歌詞も頼もしい。不器用なほど真っ直ぐなバンドだと思うけれど、〈正々堂々 威風堂々〉という生き方は、こんな時こそ大切だと思う。

SUPER BEAVER 「突破口」 MV

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「音楽シーン分析」の最新記事

もっとみる