TWICE、ベストアルバム『#TWICE3』日本語バージョンの群を抜いて高いクオリティ 「21:29」筆頭に込められたファンへの思い

 グローバルな人気を誇るガールズグループ・TWICEが2020年9月16日、日本で『#TWICE3』をリリースした。グループ名にハッシュタグを付けたこのアルバムは、韓国で発表した楽曲の日本語バージョンを紹介するシリーズのひとつで、本作が第3弾となる。

TWICE『#TWICE3』
TWICE『#TWICE3』

 アルバムを出すたびに好成績を残しているグループだが、特にこのシリーズは人気があるようで、『#TWICE3』もリリース直後にオリコンやタワーレコードのデイリーチャートで1位を獲得。9月28日付週間アルバムランキングでも1位に。今までに出した日本リリース作はすべてプラチナ(25万枚以上)の認定を受けているが、本作も早い段階でこの記録に到達するのは間違いないだろう。

 今回収録されたのは計12曲。『The year of “YES”』(2018年)から「The Best Thing I Ever Did」、『FANCY YOU』(2019年)から「FANCY」「STUCK IN MY HEAD」、『Feel Special』(2019年)から「Feel Special」「21:29」、『MORE & MORE』(2020年)から「MORE & MORE」と、4枚のミニアルバムからセレクトされており、どの曲も韓国語のオリジナルと日本語の2バージョンが収められている。

 韓国語の楽曲を聴くと痛感するのが発音の違いだ。韓国語は英語の発音と共通点が多いためか、リズミカルなサウンドに乗せやすい。その利点を生かした曲作りをしているため、新たに日本語の歌詞を付けることはかなりむずかしく、下手をすればオリジナルの良さを損なってしまう。ところが本作の収録曲はいずれも原曲の内容を的確に翻訳しながら、リズムにもしっかりなじむような歌詞に仕上げており、数ある日本語バージョンの中でも群を抜いてクオリティが高い。

 本作リリース前に先行公開された「STUCK IN MY HEAD -Japanese ver.-」はLINE MUSICの週間トップ100チャートで1位となったが、ヒットして当然の内容であった。原曲の歌詞は恋の駆け引きをスリリングに描いたもの。日本語バージョンも基本は同じだが、韓国特有の表現を無理に訳さずに別の言葉に置き換えたことで、日本のリスナーの共感を得ることに成功している。

TWICE 「STUCK IN MY HEAD -Japanese ver.-」 Promotion Video

 例えば「オルムテン」。これは日本の鬼ごっこに似た韓国の遊びだが、そのまま訳すことなく、〈鬼さん コチラ 手の鳴る方〉とわらべうた風の言い方にして、うまくリズムに乗せている。本作はこのように工夫を凝らした表現が多く、さらにメンバーの日本語による表現力の向上が加わったおかげで、オリジナル曲の世界観がしっかり再現されているのが最も評価すべきポイントだろう。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「アーティスト分析」の最新記事

もっとみる