RAISE A SUILEN、1stアルバム『ERA』チャート健勝 ライブで体感したいエネルギッシュなアレンジの作品に

参考:2020年8月31日付週間アルバムランキング(2020年8月17日~2020年8月23日)

 8月31日付のオリコン週間アルバムランキング、首位は発売3週目にして勢い衰えない米津玄師『STRAY SHEEP』。同作は1週目にして出荷数が100万枚を越え、2週目の段階でミリオンセラーを達成しているが、今週の推定売上枚数は135,351枚。『BOOTLEG』と同様のロングセラーを予感させる。ほか、初登場としては、2位RAISE A SUILEN『ERA』(28,835枚)、4位Aimer『花の唄/I beg you/春はゆく』(13,019枚)、5位下野紘『WE GO!』(12,089枚)、6位楠木ともり『ハミダシモノ』(9,208枚)、7位 BiS『ANTi CONFORMiST SUPERSTAR』(8,599枚)、8位 ITZY『Not Shy』(7,334枚)、10位Sou『Utopia』(5,212枚)となっている。おおよそ平常運転の範疇といった数字だが、それだけに米津の存在感が際立つ。

RAISE A SUILEN『ERA』

 今回ピックアップするのはRAISE A SUILEN(以下、RAS)の1stアルバム『ERA』。ブシロードのメディアミックスプロジェクト「BanG Dream!」(以下、バンドリ)発のバンドで、演者自身が歌唱だけでなく楽器を実際に演奏する、Poppin’PartyやRoseliaにつぐ3つ目のリアルバンドだ(もともとはキャラクター化に先がけてプロジェクト内のバックバンドとして結成されたという点で、他のバンドとはやや異なる経緯を持ってはいるが)。名前の通り弾けるようにポップなPoppin’Party(以下、ポピパ)、クールに決めているがパフォーマンスは熱いRoseliaに比較すると、エレクトロニックでアグレッシブなサウンドを多用したミクスチャー的な音楽性だ。

 ギターの重心は軽めでシンセリフの存在感のほうが強く、スタッター・エディットやワブルベースも多用されるエネルギッシュなアレンジは、いかにもライブ映えしそうだ。フェス的、と言ってもいいかもしれない。ボーカルにしても、ポピパやRoseliaがアンサンブルやハーモニーをしっかり聴かせるのに対して、RAISE A SUILENはキャラ間の掛け合いというか、複数の声が暴れまわっているような印象がある。楽曲に没入させるよりも壁を破ってこちらを煽ってくるような感覚に、一種のライブ感のようなものを覚える。

【公式】RAISE A SUILEN「A DECLARATION OF ×××」ライブFull映像【BanG Dream! 7th☆LIVE】

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「チャート一刀両断!」の最新記事

もっとみる