新作リリースのStray KidsとSEVENTEEN、『Road to Kingdom』優勝THE BOYZ……今後のシーン担うボーイズグループ

  6月のK-POPシーンは男女ともに人気グループのカムバックが目白押しだった。今回は特に今後のシーンを担う注目度の高い3つのボーイズグループを紹介する。

Stray Kids『GO LIVE(Go生)』

 まずはStray Kids。彼らは6月17日に韓国初のフルアルバム『GO LIVE(Go生)』をリリースした。リード曲は「God’s Menu(神메뉴/神メニュー)」というなんともインパクトのあるものだが、この曲名に名前負けすることのない強いサウンドの曲に仕上がっている。印象的なフレーズがいくつも詰め込まれているため、曲の展開も予期できない斬新さを持っているはずなのに耳に残りやすく、リード曲にふさわしいだろう。韓国のアイドルソングに見られる工夫の一つとして“追いかけて歌いやすい(=耳に残りやすい)フレーズを繰り返す”というのが挙げられるが、この「God’s Menu」は一見そうは思えない。しかしながらサビにこの工夫がしっかり埋め込まれており、複雑ながらも印象に残る曲になっている。また、イントロのフレーズも1曲を通して効果的に散りばめられており、その中毒性にハマってしまう。メンバーのバンチャン、チャンビン、ハンによる「3RACHA」と呼ばれるプロデュースチームが作詞作曲したということもあり、今後も彼らの制作・パフォーマンスともに目を離せないグループになりそうだ。

Stray Kids “神메뉴” M/V

 そして6月22日にはSEVENTEENが『Heng:garae』でカムバック。リード曲「Left & Right」のMVも公開となった。毎度のことながらSEVENTEENの曲の外すことのないキャッチーさには驚かされる。かといってありきたりなわけでも、過去の曲と似ているわけでもない。それでいて聞いたらすぐに「SEVENTEENっぽさ」を感じられるのだからさすがだ。Stray Kidsの話の中でも挙げた“印象的なフレーズを繰り返す”という技法をいつも楽曲の中で効果的に使うのがこのグループだ。

SEVENTEEN (세븐틴) ‘Left & Right’ Official MV

 「Left & Right」も、タイトルでもある〈Left&Right〉というフレーズを始まりからリズミカルに繰り返したり覚えやすい掛け声が入っていたりと一度聞けば耳に残るようなものになっている。応援歌ということで、エネルギッシュな舞台と息のあったダンスも併せて必見だ。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「音楽シーン分析」の最新記事

もっとみる