Stray Kidsが明かす、オリジナリティを生む楽曲制作のプロセス「僕らの音楽には独特なエネルギーがある」

Stray Kidsが明かす、オリジナリティを生む楽曲制作のプロセス「僕らの音楽には独特なエネルギーがある」

 6月3日に日本での1stシングル『TOP -Japanese ver.-』をリリースするStray Kids。2PM、GOT7、TWICEなどを輩出してきたJYPエンターテインメント所属のボーイズグループで、デビュー前から楽曲制作などをメンバー自身によるセルフプロデュースで行なっている。今回は今シングル収録の「TOP」「SLUMP」について、また普段の楽曲制作や今年始まったばかりの日本活動についてのメールインタビューを行った。(DJ泡沫)

『神之塔』の世界観に僕たちの夢を重ね合わせて歌詞を書いた(チャンビン)

TVアニメ『神之塔 -Tower of God-』OPムービー

ーー「TOP」「SLUMP」は韓国の大人気ウェブコミックを原作にしたTVアニメ『神之塔-Tower of God-』の主題歌(OST)ですが、歌詞には原作の世界観が反映されているように感じました。作詞・作曲・編曲において、いつもの曲作りと異なる点などはありましたか?

バンチャン:「TOP」 の場合は、アニメと僕たちStray Kids両者の世界観をどうすれば上手く表現することができるのか、メンバー内でたくさん意見を出し合って作りました。「SLUMP」は落ち着いた雰囲気を出しながらも、エネルギーを感じることができるように作ろうと試行錯誤しました。

チャンビン:「TOP」 の場合はTVアニメ『神之塔-Tower of God-』の世界観に合わせて、テーマと歌詞の方向性を決め、壮大なトラックと強烈なラップ、叙情的なメロディを入れて高まる雰囲気とダイナミックさを表現しました。普段の楽曲と違ったところは、『神之塔』の世界観に僕たちの夢を重ね合わせて歌詞を書いたことだと思います。

ハン:曲作りは、今回は大変というよりはとても興味深かったです。『神之塔』の世界観を歌に込めつつ、Stray Kidsのストーリーや音楽性を一緒に見せられるように作ったので、より深く考えながら慎重に曲を作りました。

ーー今回は3カ国語でのリリースでしたが、母国語以外でレコーディングする際に難しい点や、逆に面白い部分などはありますか?

バンチャン:実は、思ったより難しかったところはありませんでした。むしろ他の国の言語で歌ってもどれも曲にマッチしている感じがして驚きました。

チャンビン:「TOP」 の場合は強烈なラップがポイントなのですが、慣れない言葉で上手く表現できるのかが心配でした。でも、日本語にはパッチム(※ハングルにおいて子音と母音で構成された文字の下につく子音のこと)がないので思ったよりもしっかり発音しやすかったです。

 「SLUMP」は早いメロディとラップがポイントでした。言葉数が多くて少し難しかったのですが、練習を重ねたことで上手くレコーディングすることができました。英語は2曲とも、日本語よりも難しかったです。

ハン:3カ国語でそれぞれリリースするということは、TVアニメ『神之塔-Tower of God-』を見ている本当に多くの方々に僕たちの歌を聴いてもらえる良い機会だと思います。実際のレコーディングの際は発音など少し難しい部分もありましたが、こんなに多くの言語で歌い、そして僕たちの歌声を多言語で聴くことがとても新鮮でした。

ーーダンスや歌のここに注目して聴いてほしい、というポイントがあれば教えてください。

バンチャン:「TOP」では、Stray Kidsならではの新たなパフォーマンスの魅力を感じていただけたら嬉しいです。 ユニークな振り付けと華やかな構成で仕上げました。「SLUMP」では、穏やかでありながら力強い曲の雰囲気と、歌詞に込められたメッセージを感じていただけたら嬉しいです。

リノ:「TOP」のパフォーマンスは休む間もないほど激しいダンスになっていますので、そこに注目してほしいです。

チャンビン:パフォーマンスも塔を連想させる構成で、バトルシーンを連想させるような振付など様々な部分でTVアニメ『神之塔-Tower of God-』の世界観を表現しました。 「SLUMP」は、繰り返しのギターリフに、孤独なスランプに耐える様子を描いた歌詞とメロディがポイントです。 特に力強く歌うサビのメロディが印象的だと思います。

ヒョンジン:「TOP」はパワフルなビートと叙情的な歌詞、 「SLUMP」は曲が進むにつれて徐々に高まっていく感情がポイントです。

ハン:「TOP」は、雄大なメロディと強烈なラップ、そしてエレクトロニックなサウンドが印象的な曲です。注目してほしい点はパフォーマンスですが、構成も含めてかっこいいダンスに仕上がっているので、ぜひたくさん見ていただけたら嬉しいです。「SLUMP」は叙情的でありながら強烈なメロディと、泣き叫ぶようなラップが印象的な歌です。 僕が書いた歌詞にも注目してくれたら嬉しいです。

フィリックス:「TOP」と「SLUMP」で注目してほしい部分はサビです! 特に「TOP」のサビは、ビートもパワフルで、ダンスパフォーマンも、歌を活かしたパフォーマンスになっていると思います!

スンミン:「TOP」はラップ・ボーカル・サウンドそれぞれを最大限にアニメの雰囲気をStray Kidsの世界観に合わせて表現した点、「SLUMP」は、不安という感情を表現した歌に注目してほしいです。

アイエン:「TOP」はパワフルなラップと強力なビートがポイントで、ダンスは激しい振り付けがポイントです。「SLUMP」は歌詞とメロディがポイントだと思います。 僕の歌声もぜひ注目して聴いてくれたら嬉しいです。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「インタビュー」の最新記事

もっとみる