NCT 127、オンラインライブで拡張する楽曲の世界観 東方神起 ユンホもビデオトークで登場した『Beyond LIVE』レポ

NCT 127、オンラインライブで拡張する楽曲の世界観 東方神起 ユンホもビデオトークで登場した『Beyond LIVE』レポ

 NCT 127が5月17日に『Beyond LIVE – NCT 127 : Beyond the Origin』を行った。これまでもSuperM 、WayV、 NCT DREAMが行い、反響を呼んできたBeyond LIVE。Beyond LIVEとはこれまでも画期的なアイデアで業界を牽引してきたSMエンターテインメントが新たな取り組みとして開催した全世界同時生中継型のコンサートである。グッズも販売され、公式ペンライトも遠隔でコントロールされるなど、コンサートの一体感が自宅で楽しめるコンテンツだ。今回のBeyond LIVEでは一部のパフォーマンスでメンバー別のフォーカスされた個人カメラでコンサートを鑑賞することができ、またメンバーも一部の場面ではスクリーンに映し出されるファンの様子を見ながらパフォーマンスした。

 NCT 127のステージでは、まず活動曲として多くパフォーマンスされてきた「Cherry Bomb」、「Chain」、「Regular」の3曲を立て続けに披露し、コンサートさながらの臨場感で、グループの近未来的な世界観を表現。四方をビジョンで囲まれたステージでパフォーマンスを行うBeyond LIVEでは、スクリーンに奥行きを感じさせる映像や、様々なシチュエーションに瞬時に変わる演出を可能にし、コンサートとはまた違った迫力が感じられた。

 MCでは、スクリーンに世界中のファンが自宅から公式ペンライトを片手に応援する様子が360度を囲むように映し出されると、メンバーも思わずその見守るファンの数と画面越しの熱量に圧倒されたようだった。また、多様な言語で自己紹介を披露するなど、K-POP界随一のグローバルな一面を見せた。

 2ndフルアルバム『NCT#127 Neo Zone』の収録曲からファンの評価を集計した「Neo Zone Top Chart」で1位を獲得した「Boom」も本公演で初披露。YouTubeで公開されていた同楽曲のトラックビデオで着ていたジャケットに着替え、ストリートな雰囲気を持つ同楽曲を、画面に映し出された歌詞のフォントやスクリーンの映像がさらに演出し、クールなステージを見せた。また、カメラがステージ後方に回り込んだり、天井からのアングルを駆使したりなど、普段では見られないようなフォーメーションでパフォーマンスを展開した。  

 テイル、ドヨン、ジェヒョン、ジョンウ、ヘチャンが歌唱する「Make Your Day」も初披露され、個人カメラとマルチカメラが一度に同じ画面に映る演出で、メンバーの表情を印象づけた。続いて披露したバラードソング「White Night」では幻想的な空間で、しっとり歌い上げた。

コラムPick Up!

もっとみる

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「ライブ評」の最新記事

もっとみる

映画部Pick Up!