NCT DREAM、新アルバム『Reload』やBeyond LIVEに感じる熱量と独自性 新体制への期待も

NCT DREAM『Reload』

 NCT DREAMの新アルバム『Reload』が発売された。リード曲「Ridin’」はエレクトロなサウンドで、NCTグループ特有の中毒性とNCT DREAMの個性であるフレッシュな雰囲気との融合で人気を集め、音楽番組でも一位を獲得した一曲だ。NCT DREAMの近頃のトピックとしては、20歳を超えたらグループを卒業するという卒業制度の廃止や2018年にグループを卒業したNCTの中心メンバー、マークを含む7人での再編成も発表され、今から新体制としての活動が心待ちになっている状態となっているところ。そのような中、以前からメンバーはストイックな努力で、明らかにその新体制発表という出来事以上にインパクトのある、パワーアップしたステージを披露してきた。新アルバム『Reload』もその熱量は感じられ、全体的にパワーを感じさせるアルバムになっており、「Ridin’」も今までの楽曲で一番壮大で、力強さが目を引くステージだったように感じられた。それはメンバーのフレッシュな魅力もそうだが、デビューから3年以上が経過し、若手ボーイズグループながらも着実に経験を重ねた確かな実力からみなぎるものがあるからだろう。

NCT DREAM 엔시티 드림 ‘Ridin” MV

 5月10日に行われた『Beyond LIVE – NCT DREAM : Beyond The DREAM SHOW』では、アルバムに収録された新曲を披露した他、オンラインコンサートでありながらファンとの一体感を感じられるような演出で、新時代のライブを展開した。Beyond LIVEは、これまでSuperMやWayVといったSMエンターテインメントに所属するグループが行ってきた新感覚のライブショー。ステージの多くがビジョンで囲まれているという独創的な空間でパフォーマンスを披露し、楽曲毎に異なる世界観を繰り広げられるなど、近未来的なNCTグループの個性がさらに引き出されたステージとなっていた。ライブではデビュー曲「Chewing Gum」も鮮やかに披露し、当時の世界観を展開しながらも、メンバーの成長故に、また違ったパフォーマンスであるかのようにも感じられ、これまでのNCT DREAMの活動の幅広さも感じさせた。

NCT DREAM 엔시티 드림 ‘Chewing Gum’ MV

 NCT DREAMの活動の中でグループの強みや、注目されるポイントはK-POPグループの中でもメンバーが圧倒的に年少だったことだろう。デビュー時は、最年長のマークでさえ学生だったほか、一部のメンバーは中学生であった。また、クールなイメージが王道のK-POPボーイズグループの中で、その真逆とも捉えられるようなカラフルでポップな世界観と、メンバーの等身大の魅力を見事に創出したことでも大きなインパクトを与えてきた。2016年のデビュー以来、独特のスタイルを披露してきただけでなく、ビジュアルを含めたメンバーの成長をリアルタイムで観られたことはK-POPグループの中では珍しく、異色の存在感を放ってきた。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「アーティスト分析」の最新記事

もっとみる