乃木坂46 井上小百合、弛まぬ努力で切り開いた女優への道 グループ卒業に寄せて

 4月27日に約8年半在籍した乃木坂46を卒業した井上小百合。『えんぶ』2020年4月号にて発表された「えんぶチャート2019」俳優部門で94位(女性アイドルでトップ)にランクインしたように、卒業後は女優としての活躍が充分に期待できるだろう。しかし、彼女のアイドル人生は決して平坦な道のりではなかった。

乃木坂46 井上小百合 1st写真集『存在』

 「役者になりたい」という夢を抱いて15歳で芸能界に入った井上だが、オーディションを受けては落ちるという日々を送っていた。そんな時、「アイドルになるのはどうだろう」という助言をもらう。最初はアイドルに抵抗を感じていた井上だが、経験を積むことの必要を感じて一歩踏み出すと、仕事をしながら役者を目指すことができ、自分のことを知ってもらえるかもしれないアイドルは自分にうってつけだと気づいた。

 2011年8月に乃木坂46のオーディションに合格すると、井上の人生は大きく動き出す。念願の舞台に出演することができたのだ。しかし、乃木坂46メンバー総出演の舞台『16人のプリンシパル』に井上は戸惑う。第1幕を見た観客が投票し、選ばれた者だけが第2幕に出演できるシステムだったのだ。

 「お芝居って、もっと楽しくて、元気をもらえるようなものだと思っていたのにと。どうしてお芝居で大切な人たちの涙を見なければならないのかと思いました」(参考:井上小百合 1st写真集『存在』)。それでも井上は精一杯取り組んで、結果を出すしかなかった。

 その努力が実り、外部の舞台である學蘭歌劇『帝一の國』(2014年4月から5月)の白鳥美美子役に選ばれる。『16人のプリンシパル』を観たスタッフがオファーしたという。井上が初めて報われた瞬間だった。

 役をもらえない苦しさも16役を覚える苦しさの両方を経験している井上にとって、ひとつの役を追求できること自体が尊い時間になり、井上は『帝一の國』で舞台の楽しさを知った。

 一方、乃木坂46では2014年4月に『アンダーライブ』(シングル非選抜メンバーで構成されたライブ)が始まり、6~7月にシリーズ化。10月に行われた『アンダーライブ・セカンドシーズン』では、センターの井上がケガに苦しみながらも立ち上がる姿を見せて求心力を一気に高めた。その時のセンター曲「あの日 僕は咄嗟に嘘をついた」は全体ライブの定番曲になる。

 その後、井上は『すべての犬は天国へ行く』や『墓場、女子高生』などの乃木坂46メンバー中心の舞台、『音楽劇『夜曲』nocturne』や『若様組まいる〜アイスクリン強し〜』といった外部の舞台を通して、芝居の実力を身につけていく。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「アーティスト分析」の最新記事

もっとみる