VTuberユニット HIMEHINAが注目集める理由 笑いで幸せを与え、歌で愛を伝える2人の魅力に迫る

 元日に放送されたNHK『バーチャル紅白歌合戦』への出場、昨年9月に東京・EX THEATER ROPPONGIで1stワンマンライブ『心を叫べ』を開催するなどで注目を集めている人気VTuberのHIMEHINAが、4月15日に待望の1stアルバム『藍の華』をリリース。VTuberには珍しいデュオスタイルで、ロック、ラップ、バラードと多彩な歌声を聴かせている。

YouTubeデビューわずか2年、急成長の2人組

 田中ヒメと鈴木ヒナの2人組VTuberユニット・HIMEHINAは、2018年初頭に開設したYouTube公式チャンネル『HIMEHINA Channel』をベースに活動を開始。ゲーム実況、トーク、歌配信などを行い、ハイテンションな2人のかけ合いで人気を集め、現在チャンネル登録者数は56万人を突破し勢いに乗る。特徴のある笑い声と髪型から“ゲラだんご”との異名を持つ田中ヒメ、クールながら田中に負けずとも劣らぬボケ力を発揮する鈴木ヒナ。一旦走り出したら止まらないアンストッパブルなトークは中毒者急増で、「マーン」や「鈴木刑事」などさまざまな名言も生み出した。

 そんなお笑いモードから一転、ユーザーを魅了する圧倒的な歌唱力もHIMEHINA人気の一因になっている。YouTube公式チャンネルを開設以来、ゲーム実況などの他に多くの歌も配信し、2018年8月に人気ボカロ曲のカバー「劣等上等」をアップするや、その圧倒的な歌の上手さとMVのクオリティの高さが話題になった。3DCGやモーチョンキャプチャーを駆使した質の高い映像と、個性的で表現力の高い歌声は、数あるVTuberのなかでも群を抜く。「劣等上等」の再生回数は現在1200万回を超えており、VTuber四天王の一人=キズナアイの「AIAIAI (feat. 中田ヤスタカ)」の1100万回超、輝夜月の「Dance With Cinderella !」の136万回超と比べても、人気とクオリティの高さが伺えるだろう。以降「太陽系デスコ」や「ロキ」などボカロ曲のカバーで人気が急上昇した。

HIMEHINA『劣等上等(Cover)』MV

 2019年には「ヒバリ」「ヒトガタ」といったオリジナル曲を発表している。ボカロ曲由来のトリッキーなサウンドと中毒性のあるメロディ、物語性のある考察しがいのある歌詞、そして異なる個性を持ちながら絶妙なバランスを誇る2人の歌声がファンのハートを掴んだ。その勢いで昨年9月に東京・EX THEATER ROPPONGIで1stワンマンライブ『心を叫べ』を開催し、年末にLOFT9Shibuyaに開催された『第1回VTuber楽曲大賞』では、リスナー投票により楽曲部門とMV部門で「ヒトガタ」が大賞に選ばれた。

HIMEHINA『 ヒトガタ 』MV

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「アーティスト分析」の最新記事

もっとみる