にじさんじ、ホロライブ、KAMITSUBAKI STUDIO……音楽シーンに進出するVTuberの動向を追う

 ライブイベントの開催やメジャーデビューなど、VTuberが音楽シーンに進出する機会は日を追うごとに増えてきている。これまでのVTuberの音楽活動はソロ・ユニット単位がほとんどだったが、バーチャルライバーグループ「にじさんじ」、VTuber事務所「ホロライブプロダクション」といったグループも音楽方面に手を伸ばしており、VTuber・クリエイターが所属するYouTube発の音楽レーベル<KAMITSUBAKI STUDIO>もまた独特の存在感を放っている。

大規模ライブイベント、様々なユニットが日々生み出される にじさんじ

にじさんじ 『SMASH The PAINT!!』(通常盤)

 YouTubeでの生配信を中心に活動するバーチャルライバー(VTuber)グループ「にじさんじ」は、2019年10月2日に9組20名が出演した『にじさんじ Music Festival~ Powered by DMM music~』、12月8日に15名が出演した『Virtual to LIVE in両国国技館』と、イベント会場・出演人数ともにVTuberグループとしては過去最大規模のライブイベントを開催している。2月9日からは札幌・東京・名古屋・難波・福岡での全国ツアー『にじさんじ JAPAN TOUR 2020 Shout in the Rainbow!』も開催中。難波では追加公演が決定するなど、勢いを緩めることなく音楽展開を続けている(東京公演は新型コロナウイルス感染症拡大防止のため中止)。

11/27リリース!CD「にじさんじMusic MIX UP!!」PVクロスフェード動画

 また、メンバーのメジャーデビューも次々決定しており、月ノ美兎はソニー・ミュージックレーベルズより、樋口楓はLantisより、御伽原江良森中花咲のユニット「petit fleurs」はNBCユニバーサル・エンターテイメントより、童田明治える緑仙ら6名のユニット「Rain Drops」はVirgin Musicよりデビューすることが発表された。

 にじさんじに現在所属しているメンバーは97名(2020年3月9日時点)。VTuberグループでも総数は突出しており、普段は歌中心の活動を行っていないメンバーであっても、歌配信や楽曲カバー動画でその歌唱力を見せていることも多い。日々の生配信を通じて親しんだメンバーが、先述のライブイベントや『にじさんじ Music MIX UP!!』『SMASH The PAINT!!』といったCDで見せる新たな一面は数多くのファンを惹きつけている。

11/27リリース!CD「にじさんじMusic MIX UP!!」より【サブリミナル・シンクロニシティ】by グリーンルージュ(花畑チャイカ/ジョー・力一)

 その層の厚さから、様々な組み合わせのユニットを多数生み出せることも特長の1つだろう。『にじさんじ Music MIX UP!!』では物述有栖シスター・クレアの「purepalet」、宇志海いちご家長むぎ勇気ちひろの「ぷりずむりりっく!」、花畑チャイカジョー・力一の「グリーンルージュ」など、それまでありそうでなかったユニットが実現している。また、両国ライブで披露された「林檎もぎれビーム!」カバーや「Rain Drops」のユニット構成のように、男女混合での展開を行っている点も興味深い。

にじさんじ – Virtual to LIVE [Official Music Video]

 2019年8月20日には、kz作曲のにじさんじ1周年記念楽曲「Virtual to LIVE」が発表され、以降の節目やライブイベントごとに様々なメンバーによって披露されている。グループ全体としての統一感というよりは、メンバーごとの個性や個性の掛け合わせによって生まれる化学反応を重視した展開がにじさんじの魅力と言えるだろう。

コラムPick Up!

もっとみる

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「音楽シーン分析」の最新記事

もっとみる

映画部Pick Up!