スカパラ×桜井和寿、YOSHIKI×HYDE、SKY-HI×SALU……2019年個性溢れるアーティストコラボ作品を振り返る

YOSHIKI feat. HYDE『Red Swan』

 壮大なストリングス、激しさと美しさを色濃く反映したピアノ、心地よいロマンティシズムと爆発的なダイナミズムを共存させたボーカル。古典派のクラシックと現代的なヘビィロックが結びついたかのような「Red Swan」(YOSHIKI feat. HYDE)は、TVアニメ『進撃の巨人』Season 3のオープニングテーマとしてオンエアされると同時に凄まじい反響を集め、楽曲配信後はiTunesロックチャートで日本、タイ、シンガポール、インドネシア、アルゼンチンなど12カ国で1位を獲得。“日本を代表するロックスターの共演”の衝撃は世界に波及した。その後、HYDEはTHE ORAL CIGARETTESと対バンライブを行い、YOSHIKIは『NHK紅白歌合戦』(NHK総合)でKISSとの共演が決定するなど、それぞれ別の場所でコラボレーションを展開している。

“Red Swan” (Attack on Titan anime theme) – Official Lyric Video
SKY-HI×SALU『Say Hello to My Minions 2』(CD+DVD)

 SKY-HI×SALUの2ndアルバム『Say Hello to My Minions 2』は、APRO、 Chaki Zulu、GroovyRoom、SOURCEKEY、SUNNY BOYなど、日本と韓国を中心としたトラックメイカー、ラッパーをフィーチャーし、前作以上に“開かれ”“つながる”作品となった。トラップ、ベースミュージックの潮流の先を見据えたトラックメイク、独特な“訛り”を感じさせるフロウ、そして、分断と格差が広がる現代社会を照らし出すリリックなどの要素を注ぎ込みながら、コアなヒップホップリスナー以外の層にも届くポップネスを装備しているところが、このアルバムのすごさだろう。2019年の秋に予定されていたアジアツアーは残念ながら中止になってしまったが、2020年以降、ぜひリベンジしてほしい。アジアとつながることは今後、日本の音楽シーン全体にとってきわめて重要な意味を持つはずだ。

SKY-HI×SALU / Goodbye To The System (Prod. GroovyRoom) -MUSIC VIDEO-

■森朋之
音楽ライター。J-POPを中心に幅広いジャンルでインタビュー、執筆を行っている。主な寄稿先に『Real Sound』『音楽ナタリー』『オリコン』『Mikiki』など。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「音楽シーン分析」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる