新しい地図 草なぎ剛と香取慎吾、アーティストとして新たな一歩を踏み出した2019年を振り返る

 草なぎ剛と香取慎吾の2019年は、アーティストという面で新たな一歩を踏み出した年だった。香取は、10月1日午前0時にデジタルシングル「10%」をサプライズリリース。世間は、8%から10%へ増税するというタイミング。気が重くなっていたところに、「増税後、最初の買い物がこんな嬉しいものになるなんて」とファンに笑顔をもたらす結果となった。

 「楽しい」や「愛しい」といったポジティブなことはもちろん、「悲しみ」や「憂鬱」などネガティブなことも、人生の構成要素。続いて発表された「Trap」でも歌われたように、日々の光と影と向き合い、歌に心を預けて前を向けるように鼓舞してくれるのは、長年みんなの“慎吾ちゃん“として世の中を照らし続けた彼の真骨頂だ。

 毎月第一日曜日に7.2時間の生放送で遊び尽くす『ななにー』こと『7.2 新しい別の窓』(AbemaTV)では、ライブを披露。ダンサーと共に歌い踊る姿はハツラツとしていて眩しく感じるほどだった。明るくポップなステージや色彩豊かなビジュアルには、画家としても活躍する彼の独自なセンスを。クルクルと変わる表情と軽やかなステップに、若手アーティストたちとコラボしてきた視野の広がりを。そして、痛快な歌いっぷりに確かなキャリアを、感じずにいられない。

 2020年1月1日にはアルバム『202001010(ニワニワワイワイ)』をリリースする。BiSH、氣志團、KREVA、SALU、スチャダラパー、SONPUB/向井太一、TeddyLoid/たなか、WONK、yahyelとコラボすることが発表されており、香取のInstagramでは「I’m so tired(feat.氣志團)#氣志團 #綾小路翔 さんともう疲れちゃったけど『最後の最後には嫌と言えないって!』と翔さんと僕の気持ちを.笑いながらこの曲にぶつけました!!」と楽しそうな制作風景の模様が綴られている。

 また、DVD付きの“初回限定・観るBANG!“には、「FUTURE WORLD (feat.BiSH)」「Trap」のMVも収録。それぞれ児玉裕一、市井昌秀と、新しい地図とは映画などの映像作品で深く関わってきた監督が手がけていることも発表された。また、“初回限定・GOLD BANG!“には『7.2 新しい別の窓』の前身番組『72時間ホンネテレビ』の主題歌「72」の作詞・作曲・プロデュースした小西康陽による「10%(小西康陽remix)」も限定収録される。

 これから羽ばたいていく若手アーティストから、共に芸能界を盛り上げてきたベテランアーティストまで。老若男女問わずに“表現“を楽しみ、創り上げていく香取の姿には、「人生を最高の遊び場にしてしまおう」というスタンスが貫かれている。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「アーティスト分析」の最新記事

もっとみる