Superflyが原点=“0”から導き出した歌への愛情 3年ぶりのライブツアーで繋いだ現在と未来

Superflyが原点=“0”から導き出した歌への愛情 3年ぶりのライブツアーで繋いだ現在と未来

 Superflyが9月から12月にかけて、全国アリーナツアー『Superfly Arena Tour 2019 “0”』を開催した。2016年の『Superfly Arena Tour 2016 “Into The Circle!”』以来、約3年半ぶりの開催となった今回のツアー。2020年1月15日にリリースされる6thオリジナルアルバム『0』(ゼロ)と同タイトルを掲げ、「フレア」(NHK連続テレビ小説『スカーレット』主題歌)、「Ambitious」(ドラマ『わたし、定時で帰ります。』主題歌)といった話題の新曲のほか、アルバムに収録予定の楽曲も披露されるなど、Superflyの“現在”と“未来”を体感できる内容となった。(取材日=10月26日 さいたまスーパーアリーナ公演)

 “0(ゼロ)”をモチーフに、自然、都市、宇宙などを映し出す映像、壮大なスケールのSEとともにライブはスタート。ステージの真ん中に登場した越智志帆は、美しいストリングスを交えたバンドサウンドのなかで、大らかな歌声を響かせる。

 最初の楽曲は、今年リリースされた「Ambitious」。心地よい頭打ちのリズムと開放的なメロディライン、リスナーの感情をしっかりとアップリフトする歌詞が広がり、早くも大きな感動が生まれる。さらに〈咲き誇れ〉という希望を歌った「Wildflower」、〈愛する人を抱きしめよう〉という率直な思いを描いた「やさしい気持ちで」。ビジョンに映し出される表情は、ずっと笑顔。リラックスして、気持ちよさそうに声を響かせる姿が印象的だった。「今日は17046人が集まってくれました。今回のツアーは3年半ぶり。“0”は来年出すアルバムのタイトルで、アルバムの新曲も演奏したいし、昔から一緒にもりあがってきた曲も演奏したいと思います」とゆっくり語り掛ける様子も本当に穏やかだ。

 ライブ前半のハイライトは「Gifts」だった。2018年の『NHK紅白歌合戦』でも歌唱されたこの曲はもともと、第85回NHK全国学校音楽コンクール「Nコン」中学の部・課題曲として書き下ろされたバラード。自信を持てず、コンプレックスを抱える10代の人たちの気持ちに寄り添う歌詞が、普遍的なメッセージをまといながら、観客ひとりひとりの心に届く。オーガニックな雰囲気のバンドサウンド、そして、どこにも無理がなく、素直で率直なボーカルが楽曲の魅力をさらに増幅させる素晴らしい演奏だった。

 ビッグバンド・ジャズ風のアレンジで披露された「恋する瞳は美しい」「Fall」(志帆は活動休止中、よくジャズを聴いていたという)の後は、ダンサーのシアトリカルなパフォーマンスとムービングライトを使った演出を施した「My Best Of My Life」、「氷に閉じこめて」(映画『プロメア』エンディング主題歌)へ。

 そして、「I Remember」は楽器を一切使わず、志帆のアカペラで披露された。1stアルバム『Superfly』(2008年)に収録されたこの曲は、自分自身を信じることもできず、孤独のなかにいた“私”が歌うという行為によって、希望の光を掴むまでを描いたバラード。すべての言葉に豊かな感情を込め、ゴスペル、ソウルミュージックの香りを放ちながら、まるで祈りのような歌へと昇華させたこの曲のパフォーマンスは、今回のツアーの大きなポイントだったと思う。「この曲は私にとって“歌うこと”が相棒のような存在なんだなと気づいた瞬間を歌にしています」「今回のツアータイトルは“0”。この曲を書いたときのことを思い出したら、最初は一緒に音楽を演奏する仲間もいなくて“0”だったんだなって思って」という言葉も心に残った。

 また、アルバム『0』に収録予定の未発表曲「Lilyの祈り」も。Superflyのライブを支えてきたバンドマスターの八橋義幸(Gt)がアレンジとプロデュースを手がけたこの曲は、小説『愛を知らない』(一木けい)を読み、「愛されたいという気持ちはすごく美しいものだと感じて、この本のために1曲書きたいと思った」というバラード。繊細で愛らしい思いが込められた歌を聴き、アルバム『0』への期待値がさらに上がったことは言うまでもない。

 バンドセッションを挟み、“新しい目覚め”をテーマに据えた「覚醒」(映画『プロメア』主題歌)からライブは後半へ。「タマシイレボリューション」「Dancing On The Fire」などのライブアンセムをつなげ、心地よい興奮へと導く。本編の最後は「99」。エッジの効いたギターサウンド、ラウドなバンドサウンド、そして、アグレッシブなボーカルによって、稀代のロックシンガーとしての魅力を改めて実感することができた。

コラムPick Up!

もっとみる

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「ライブ評」の最新記事

もっとみる

映画部Pick Up!