>  >  > Superfly「Gifts」MVなぜ胸を打つのか

Superfly、新曲「Gifts」が“泣ける”と話題 胸を打つMVに込められたメッセージを紐解く

関連タグ
Superfly
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Superflyの新曲「Gifts」のMVが話題を集めている。

Superfly「Gifts 」

 10月2日に公開されると同時に“感動した”“泣いた”という感想が殺到。「高校に入って勉強や人間関係が不安だったけれど、この曲を聞いて本当に前向きになれました」「学校で気を遣い倒して人間関係疲れ切って家帰って、たまたまこの動画見つけたけど感動した…なんて素敵な歌詞」「ふざけんなよ?涙がとまんねーじゃねーかよ」「何回聞いても涙ボロボロです」「ただただ泣けます」など、中高生から大人まで幅広い層のリスナーが熱いコメントを寄せているのだ。

 中学生へのインタビューとSuperflyのアカペラを中心に構成されたこのMVは、全体で約9分。TikTokなどの流行により“いかに短い時間でインパクトを残すか”が重視されている現在のシーンにおいて、この長さは異例と言っていい。「Gifts」のメッセージをより強く、より深く伝えるために辿り着いた結論が、“中学生たちの言葉とSuperflyの歌にじっくりと耳を傾けてもらう”ということだったのだろう。

      

「Superfly、新曲「Gifts」が“泣ける”と話題 胸を打つMVに込められたメッセージを紐解く」のページです。の最新ニュースで音楽シーンをもっと楽しく!「リアルサウンド」は、音楽とホンネで向き合う人たちのための、音楽・アーティスト情報、作品レビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版