日本版“プデュ”=『PRODUCE 101 JAPAN』、第2回順位発表で36位以下が脱落 川西拓実が初の1位に

日本版“プデュ”=『PRODUCE 101 JAPAN』、第2回順位発表で36位以下が脱落 川西拓実が初の1位に

 12月11日の最終回に向けて、徐々に候補者が絞られてきたサバイバルオーディション番組『PRODUCE 101 JAPAN』(GYAO!)。第8回の配信ではコンセプトバトルのメンバー発表、そして36位以下の脱落者が決まる第2回順位発表が行なわれた。

 グループバトル終了後、別室に集められる練習生たち。すると、国民プロデューサー代表のナインティナインからのビデオメッセージが流れ、コンセプトバトルの開催が知らされる。さらに、練習期間中に第2回順位発表を行うという旨も。36位以下になってしまった場合は、練習をしていても課題ステージに立つことができないという過酷なものだ。それを踏まえて、コンセプトバトルの概要が発表される。コンセプトバトルではジャンルの異なるオリジナル曲が5曲用意され、35人が7人ずつ分かれてステージに挑む。今回は会場投票で最も良いステージを見せたチームと、そのチームの中で1番印象的だった練習生を決めることに。1位になったチームには合計22万票が与えられ、1位のメンバーには10万票、2位から7位までのメンバーに2万票ずつ割り振られることになる。

 早速、課題曲と振りの発表だ。発表されたのは、お洒落で異国の雰囲気がするラテンベースのフューチャーポップ「Black Out」、トラップサウンドをベースにしたダンスヒップホップ「クンチキタ」、クリスマスを連想させる音色がハッピーなダンスナンバー「Happy Merry Christmas」、癖になるメロディが聴く人を爽やかな気分にさせる「やんちゃBOY やんちゃGIRL」、プラックベースサウンドと力強いメロディが印象的な「DOMINO」の5曲。グループ分けは事前に行なわれた投票で国民プロデューサーが決定、各曲12名ずつ割り振られている。練習生たちは自分の名前が書いてある封筒を確認し、その中に書かれている部屋へ移動。全員が移動した後に曲名が発表された。それぞれ話し合いをしながらポジションを決め、早速練習に取り掛かる。

コラムPick Up!

もっとみる

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「アーティスト分析」の最新記事

もっとみる

映画部Pick Up!