Hey! Say! JUMP 山田涼介、Sexy Zone 中島健人、King & Prince 髙橋海人……独自の“アイドル道”貫くジャニーズ

King & Prince 髙橋海人

 おっとりした喋り方からは想像できないキレのあるダンスでKing & Princeのパフォーマンスの根幹を担っている髙橋海人。彼はファンに対する感謝の気持ちを度々語っている。『Johnny’s web』内のブログ「海人のアイドル日記」では、『King & Prince CONCERT TOUR 2019』の千秋楽後にファンへの感謝を綴り、自分のファンに対して“独占欲”があることを漏らすなど可愛らしい一面ものぞかせていた。かつて雑誌の対談で「どんなことをすればファンの人が喜ぶのかをずっとずっと考えてた」と語っていた髙橋だからこそ、応援し続けてくれるファンへの感謝の気持ちが尽きないのだろう。2019年10月24日放送の『ダウンタウンDX』(日本テレビ系)に出演した時も、街中で声を掛けられた際、「やっと会えたね、来世でも会えるように頑張って生きるから」と返したエピソードを披露。「せっかく会えたらならその人の一生の思い出にしたい」とファン対応に対する考えを語っていた。こうして、真摯にファンに向き合う髙橋の“沼”にハマっていく人は少なくないだろう。

 ジャニーズメンバーたちには、それぞれが考える“アイドル道”がある。そのアイドル道には、一人ひとりの性格が色濃く見えているはずだ。ぜひお気に入りメンバーのアイドル道もチェックしてみてほしい。



インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「アーティスト分析」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる