EXO チェン、ベクヒョン、D.O. ソロ作から感じるボーカリストとしての個性

 毎年多くのグループがデビューするK-POP界。とりわけ2012年はEXO、VIXX、BTOB、B.A.P、EXID、NU’EST、AOAなど、多くのグループがデビューをし“激戦の年”だったといわれている。

 その中でも群を抜いて人気を得たグループの1つがEXOだ。EXOは2012年にSMエンターテインメントよりデビュー。当時は韓国で活動し、韓国語で歌唱するEXO-Kと、中国をメインに活動し、中国語で歌唱するEXO-Mの2組に分かれて活動をするという斬新なスタイルを取っていた。

 EXOというグループ名は太陽系外惑星を意味するExoplanetからモチーフを得ており、“未知の世界から来た新たなスター”というコンセプトを持つ。各メンバーたちは瞬間移動や念力といった特殊能力があり、それぞれがエンブレムを持つという、SFさながらのコンセプトもファンの関心を引きつけた。

 また、デビューまで100日間かけてティーザーを公開していくという、壮大なプロモーションプロジェクトも当時話題になり、少しずつ紐解かれていくメンバーたちの正体にファンたちは大いに沸いた。

 EXOも2019年でデビュー8年目を迎え、最近は各メンバーのソロ活動も増えてきた。今回は、その中でもチェン、ベクヒョン、D.O.の3人のメンバーを取り上げてみたい。

パワフルなボーカリスト・チェン

EXO (CHEN)『Dear my dear(輸入盤)』

 チェンは中国をメインに活動するEXO-Mのメンバーだ。デビュー曲「MAMA」では、冒頭のハイトーンの伸びに圧倒される。2011年にSMキャスティングシステムを通じて入所。練習生期間は1年もなかったというから、彼の才能を見込んでの抜擢だったということがうかがえる。

 チェンは、同じEXOのメンバー・D.Oが出演したドラマ『大丈夫、愛だ』のオリジナルサウンドトラック「Best Luck」を始め、ソロ曲をいくつか発表した後、2019年4月、アルバム『4月、そして花』でソロデビューを果たした。そして、10月には2枚目のソロミニアルバム『Dear my dear』を発表し、音楽ランキング1位を総なめにした。

CHEN 첸 ‘우리 어떻게 할까요 (Shall we?)’ MV

 一度聞いたら忘れられないハイトーンでパワフルながらも深みのある声は、唯一無二だろう。ロックからバラードまで様々なタイプの曲を歌いこなせるボーカリストだ。

ハスキーで甘い声のベクヒョン

 ベクヒョンは、韓国で活動をするEXO-Kに所属し、ハスキーな声で感情豊かなボーカリストだ。彼もチェン同様、練習生生活が1年未満と短いながらも、EXOのメンバーに抜擢された。

 ベクヒョンは学生時代はロックバンドを組んでおり、ロックフェスティバルでは最優秀賞を獲得したという。実用音楽科入試の準備をしていた頃に路上でSMにスカウトされ、チェン同様2011年にSMキャスティングシステムを通じて、入所をした。

[MV] 수지(Suzy), 백현(BAEKHYUN) – Dream

 ベクヒョンは優しく包み込むような声の持ち主だ。元miss Aのスジとのデュエット曲「Dream」では、そんなベクヒョンの声が存分に聞ける。そして2019年7月、1stミニアルバム『City Lights』でソロデビューを果たした。R&B曲を中心とした収録曲は、ベクヒョンの新たな歌手としての魅力が見られるものになっている。

コラムPick Up!

もっとみる

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「アーティスト分析」の最新記事

もっとみる

映画部Pick Up!