>  >  > EXO D.O.ら、“演技ドル”に注目

EXO D.O.、2PM ジュノ、SHINee ミンホ……俳優としても頭角現す“演技ドル”に注目

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 “演技ドル”という言葉をご存知だろうか? “演技”と“アイドル”を掛け合わせた造語で、韓国ではよく使われている言葉だ。韓国には、現役俳優も驚くような演技を見せるアイドルたちがいる。例えば、日本でもリメイクされた韓国ドラマ『ミセン-未生- 』(日本でのタイトルは『HOPE』)の主人公を演じたイム・シワンは、アイドルグループ・ZE:Aのメンバーだ。

 最近では、映画『神と共に』シリーズに出演したEXOのD.O.が“演技ドル”として注目を浴びている。今回は、アイドルでありながら俳優としても頭角を現す“演技ドル”たちについて紹介したいと思う。

“怪演”を見せるD.O.(ド・ギョンス/EXO)

EXO『COUNTDOWN』(D.O. Ver.)

 EXOのD.O.ことド・ギョンスの演技は、まさに“怪物”並みだ。2012年にEXOのメインボーカルとしてデビューし、アイドルとしての活動を重ねた後、2014年にチョ・インソン主演のドラマ『大丈夫、愛だ』で俳優としてのデビューを飾った。その後、映画『明日へ』の出演を皮切りに映画の出演を重ねている。

 2015年に出演したドラマ『君を憶えてる』では、サイコパスの犯罪者という役を演じた。この彼の演技がゾクゾクするほど怖い。演技だとわかっていても、本当にこんな人が自分の近くにいるのでは? と思わせるほどのリアルさで、狂気の人物を演じきっていた。出演したのは1話と2話のみだったが、短い時間でも視聴者に大きなインパクトを与えたのは間違いない。このドラマにおけるD.O.の“怪演”はぜひ直に見てほしい。

 7月に現役入隊を発表したD.O.。約1年半のブランクが生じるが、兵役によって培われた経験が、今後の演技にも反映されてくるのではないだろうか。さらに成長した俳優、ド・ギョンスに再会できることを期待したい。

俳優としての名も広めるジュノ(イ・ジュノ/2PM)

 日本では“2PMのジュノ”としてアイドル・歌手としてのイメージが強いが、韓国では俳優としてのイ・ジュノの名前が広がってきている。2008年に2PMのメンバーとしてデビューをしているが、俳優として本格的に活動を始めたのは、2011年の映画『ホワイト』からになる。その後、映画『監視者たち』『メモリーズ 追憶の剣』などの出演を重ね、2015年の映画『二十歳』で初主演を果たした。

 ドラマでは2016年に日本でもリメイクされた『記憶』に出演し、『キム課長(邦題『キム課長とソ理事~Bravo! Your life~』)』で俳優としての注目を浴びることになる。『キム課長』では会社のためには手段を選ばない冷徹な元検事、ソ・ユルを演じた。常にネチネチと意地悪をし嫌味を言ってくるソ理事なのだが、悪役なのになぜか憎めない……。そんなジュノのコミカルな演技が視聴者の心を引きつけた。その後に放映された『ただ愛する仲』では、『キム課長』とはガラリと役柄を変え、辛い記憶を抱えながら生きる主人公・ガンドゥを演じた。

 ここ1〜2年でジュノが俳優として出演した作品は多くあるが、忙しい合間にもアルバムの発売や、日本ツアーを開催したりと、しっかり“歌手・ジュノ”としての活動も欠かさなかった。彼にとっては歌手である自分も、俳優である自分もどちらも大事なのだろう。

      

「EXO D.O.、2PM ジュノ、SHINee ミンホ……俳優としても頭角現す“演技ドル”に注目」のページです。の最新ニュースで音楽シーンをもっと楽しく!「リアルサウンド」は、音楽とホンネで向き合う人たちのための、音楽・アーティスト情報、作品レビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版