D4DJ×RAISE A SUILENが魅せた、ダンスミュージックとロックの祭典 幕張メッセ公演を振り返る

D4DJ×RAISE A SUILENが魅せた、ダンスミュージックとロックの祭典 幕張メッセ公演を振り返る

今のRASには、幕張メッセも背伸びではなかった

RAISE A SUILEN

 そしてイベント第2部は、『RAISE A SUILEN「Heaven and Earth」特別追加公演 UNSTOPPABLE LIVE』と題した、前週に神戸ワールド記念ホールにて行なったワンマンライブの追加公演としての開催。すなわち、元々高かった演奏技術のレベルやRaychell(Ba.&Vo.)の歌声の力強さがさらにブラッシュアップされた、“仕上がった”状態でのライブであった。正直、開催前は普段は展示場であるという会場の性質もあって、筆者はホールとの相性を少々不安視していた。しかしそれは、今となっては杞憂だったと断言したい。それほどまでの迫力と圧、そしてそれが生んだ観客の熱気が、この日の彼女たちのライブを「このハコでよかった」とまで思わせてくれた。

 バンド全体はもちろん、個々の魅力もいっそう光っていた点も紹介しておきたい。まず最初に感じたのが、紡木吏佐(DJ)のもつ惹きつける力の強さだ。演奏中にDJブースから煽る姿はもちろん、ラップパートでの発音の丸みも魅力的なもの。インターナショナルスクールに通っていた経験が生んだネイティブさと彼女の声質とが生んだオンリーワンの響きは、強くて厚いRaychellの歌声と好対照となり、楽曲にさらに彩りを与えてくれる。

 また、夏芽(Dr.)のプレイの熱さも見逃してはならない。楽器の性質上物理的に前には出てはこれないが、1曲目の「A DECLARATION OF ×××」からツーバスを全開に鳴らしながら、ときに曲中のコーラスにも参加しつつ、楽曲のもつ迫力をさらに高める激しいプレイを展開している姿、ぜひ改めて注目してほしい。

 一方、ステージ前方にいる小原莉子(Gt.)と倉知玲鳳(Key.)のふたりの演奏も、スキルに加えて視覚面も含めたエモさが強く感じられるもの。ステージ上を闊歩しつつ、音に身を委ねるかのように気持ちよさそうにギターをかき鳴らし、「Y.O.L.O!!!!!」では勢いよく前蹴りまで決める小原のプレイは随時目を惹きつけるし、倉知も「Invincible Fighter」ではスピンをしつつ演奏する一幕もありながら要所では力をいっぱいに込めてキーボードを弾くなど、ライブ全体を通して魅せどころと聴かせどころを押さえた巧みさがあった。

 それらがひとつにまとまった魅力的なものとして感じられるのは、中心にどっしり構えたRaychellがいるからだろう。それをとりわけ強く感じたのは、彼女たちのはじまりの曲「R·I·O·T」。小原・倉知が両脇で熱いプレイを展開するなか、スタンドマイクに向かって凛と構えた彼女から力強い歌声が繰り出される姿が、4人のパワーをも集約してフロアへと放出しているように見えたからだ。

 同様に彼女が全体を力強く引っ張っていく姿を見て取れたのが、新曲「DRIVE US CRAZY」。ステージ上の4人はもちろん、シンガロングに参加する観客も含めて、会場全体を先導していくよう。合わせてこの曲のラップパートでの、紡木の小悪魔さもたまらないもので、同時に“RASらしさ”のひとつとして必要不可欠なものとなっていることも感じさせられた。

 それでいて、全力ライブのなかでどこをとっても全員が気持ちよさそうにプレイしている点も、RASのライブの魅力ではないだろうか。特にそれが顕著なのが、小原。ギターソロ時のRaychellに寄りかかる際の表情には、この場で音楽をともに奏でられていることへの喜びがあふれていたように思う。加えて、全曲の演奏後には全員が自然とステージの中心でハグを交わし、観客への一礼の際にも隣り合ったメンバーの手はぐっと固く握られていた。ここに集約された、今の5人の関係性――信頼と絆があるからこそ、一体感と力強さのあるライブをバンドとして提示できているようにも感じられた。

 振り返れば振り返るほど、実に完璧なライブ。プロジェクトの枠を超えて、ひとつのガールズバンドとしてさらに大きな世界へと羽ばたいていってくれること、ならびにアニメファン以外の多くの音楽好きにも“見つかって”くれることを心から願ってやまない。自然とそう思わせるほど、今のRAISE A SUILENは、すごいバンドなのだ。

■須永兼次(すなが・けんじ)
アニメソング・声優アーティスト関係を中心に活動するフリーライター。大学の卒論でアニソンの歌詞をテーマにするほど、昔からのアニソン好き。現在は『リスアニ!』『月刊ニュータイプ』や『TV Bros.』等に寄稿。

<セットリスト>
D4DJ 1st LIVE -Day2-
2019.07.21@幕張メッセ 国際展示場1ホール
【SET LIST】
<Happy Around!>
M1.Dig Delight!
M2.ぽっぴん’しゃっふる
M3.ココロオドル
M4.Direct Drive!

<燐舞曲>
M1.名前のない怪物
M2.unravel
M3.瞬動-movement-

<Merm4id>
M1.CAT’S EYE
M2.キューティーハニー
M3.Floor Killer

<Photon Maiden>
M1.99 ILLUSION!
M2.HOT LIMIT
M3.Photon Melodies

<Peaky P-key>
M1.電乱★カウントダウン
M2.アゲハ蝶
M3.夢見る少女じゃいられない
M4.Let’s do the ‘Big-Bang!’

RAISE A SUILEN「Heaven and Earth」特別追加公演UNSTOPPABLE LIVE
2019.07.21@幕張メッセ 国際展示場1ホール
【SET LIST】
M1.A DECLARATION OF ×××
M2.Invincible Fighter
M3.1/3の純情な感情
M4.R・I・O・T
M5.UNSTOPPABLE
M6.Hey-day狂騒曲(カプリチオ)
M7.Y.O.L.O!!!!!
M8.激動
M9.DRIVE US CRAZY
M10. EXPOSE ʻBurn out!!!ʼ

ブシロード オフィシャルサイト

コラムPick Up!

もっとみる

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「ライブ評」の最新記事

もっとみる

映画部Pick Up!