>  >  > 香取『スッキリ』出演でパラリンピックの魅力伝える

新しい地図 香取慎吾、『スッキリ』生出演 パラリンピック/パラスポーツ応援の歩みを振り返る

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 香取慎吾が、本日8月28日8時より情報番組『スッキリ』(日本テレビ系)に生出演。国際パラリンピック委員会、特別親善大使として、2020年に開幕が迫っているパラリンピックの魅力を伝えるという。

 香取とパラリンピックの関係は、彼の活動を見守り応援してきたファン(NAKAMA)ならばよくご存知のこと。しかし、お茶の間の視聴者にとっては、香取のテレビ出演は先日の萩本欽一のバラエティ番組『欽ちゃんのアドリブで笑』(BSプレミアム)に続いて、久しぶりのことだ。もしかしたら「香取慎吾とパラリンピック?」とすぐにつながらない人もいるかもしれない。

 香取とパラスポーツの関係は2015年に遡る。もともとSMAPとしてパラリンピック応援サポーターに就任。そして2017年に稲垣吾郎、草なぎ剛と共に新しい地図の活動を始めてからも、パラサポ(日本財団パラリンピックサポートセンター)のスペシャルサポーターとして活動を続け、東京・駒沢オリンピック公園 陸上競技場で開催される『パラ駅伝」や、新潟・万代シテイにて開催された『NSTまつり2018』でパラスポーツ体験イベントを盛り上げてきた。

 『パラ駅伝』で披露されたチャリティソング「雨あがりのステップ」の売上2300万6214円は、パラサポへ全額寄付され、その贈呈式では稲垣、草なぎと共に3人でパラリンピック種目であるボッチャも体験した。ボッチャは簡単に言えば的となるボールに、自分のチームカラーのボールを投げて寄せていくスポーツだ。

 子どものようにハシャいで投げる草なぎに、香取は「何やってんだよー」とツッコみ、稲垣も「“アプローチの吾郎“って呼ばれてるんですよ」とノリノリ。香取もすっかりハマり、後日個人的にボッチャセットを購入したほどだ。3人が率先して楽しむことで、障がいがあってもなくても、誰もが楽しめるスポーツなのだということがダイレクトに伝わってきた。

 SMAPの解散前後にパラスポーツと出会った香取。いわば、彼の人生が大きく転換するタイミングだったときに、どんな気持ちを抱いていたのか。そんな率直な思いが『朝日新聞デジタル』内に特設されたページ『ぼくが見てきたもの 見ていくもの』で語られている。「ゼロになる覚悟」を持って挑んだ、新しい地図のプロジェクト。一気に走り出そうとしていたのに、いざスタートラインにつくと「何をしていけばいいのか先が見えず、立ち止まってしまう自分がいた」と明かす。そして「そんな僕の行く手を照らしてくれたのが、パラスポーツだった」とも。

      

「新しい地図 香取慎吾、『スッキリ』生出演 パラリンピック/パラスポーツ応援の歩みを振り返る」のページです。の最新ニュースで音楽シーンをもっと楽しく!「リアルサウンド」は、音楽とホンネで向き合う人たちのための、音楽・アーティスト情報、作品レビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版