椎名林檎×櫻井敦司、大森靖子×峯田和伸……三者三様のアプローチで魅せる男女コラボ作品

 ここ数年、アーティスト同士がコラボした楽曲のリリースが相次いでいる。なかでも昨今は、大森靖子×峯田和伸をはじめとした男女コラボによるものが多い印象だ。そこで本稿では、下記3組の男女コラボ作品に触れたいと思う。

大森靖子×峯田和伸(銀杏BOYZ)「Re: Re: Love」

 シンガーソングライターかつ”超歌手”の大森靖子と、銀杏BOYZのフロントマンである峯田和伸がコラボレーションした本作。大森が歌詞を、峯田が作曲を手掛けている。そもそも、大森はかねてからずっと、峯田のファンであった。今年の2月には初のツーマンライブを行っており、その時の心情を大森は公式ブログに長文で書き連ねている。ブログの中盤には「いつだって、わたしがこわれてもあなたが壊れても、私はあなたを思って歌ってゆくから、それにあなたの感性でなにかをおもって、あなたの感性で幸せになってください。あなたの感性はあなたのものです。それを死ぬほど愛してます。」とあることからも察せる通り、相当な熱量で峯田の姿を目に焼き付けてきたようだ。

大森靖子『Re: Re: Love 大森靖子feat.峯田和伸』

 大森靖子は魂が炸裂した歌声が特徴で、かつては「激情派」とも呼ばれていたほど。かわいらしい声と少ししゃがれた太い声をうまく使い分けながら、ギターと共にガチンコ勝負を挑んでいるシンガーソングライターだ。バンドサウンド中心の楽曲からシンセが中心のアイドル的な曲まで、完全に”大森靖子”の色に染めることができる。

 峯田は銀杏BOYZの前身であるGOING STEADY時代から、熱狂的なファンが数多く存在している。パンクの精神とグッとくる歌詞。「青春といえばゴイステ! 銀杏!」という人も少なくないだろう。

 そんな2人が作った「Re: Re: Love」は、キラキラとした印象を与えるシンセを挟みながら、バンドメインで青春を感じるサウンドに仕上がっている。Dのコードをベースに、GやAなど明るさを全面に出しつつも、F#やG♭などちょっと憂いを帯びた音をフックとしていれるのが峯田らしい。フォークの香りが漂い、どこかノスタルジックな感じもする。大森がメインで歌っていき、所々でそれを峯田が支えるようにハモったり、同じ部分を叫びながら1つになる様から、父と娘のような深い愛が感じられる。

大森靖子feat.峯田和伸『Re: Re: Love』Music Video

 かつて「追われる側」であった峯田と「追う側」であった大森が、時を超えて同じステージを踏むようになった。〈ひかれ 1秒を超えて〉や〈愛させてくれ/愛させてくれ/音楽で〉という歌詞でグッときたのは私だけではないだろう。そもそも、愛する人が今会えるか会えないかなんて、そんなことはどうでもよくて、〈僕より僕をひどいと知っていてよ/夏に似合う痣/100年たっても まだ痛いといいな〉と思える存在がいること。〈僕より僕を覚えている君のこと/気持ち悪いけど〉と叫びたくなるくらい、骨の髄まで知ってほしいと思うこと。まるで呪いのようだが、全部ひっくるめて「愛」なんだ、と教えられた1曲だ。

コラムPick Up!

もっとみる

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「音楽シーン分析」の最新記事

もっとみる

映画部Pick Up!