>  >  > 柿崎芽実は日向坂46のヒロイン?

柿崎芽実は日向坂46のヒロイン? 長濱ねるとのWセンターから“初代ぶりっ子王”獲得までを振り返る

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日向坂46が、7月17日に2ndシングル『ドレミソラシド』を発売する。表題曲も解禁されて盛り上がる中、一つ気になるのが柿崎芽実。ぶりっ子キャラとしてブレイク中の柿崎だが、最近は握手会やレギュラー番組『高校講座「社会と情報」』(NHK Eテレ)の欠席が長引いている。日向坂の前身であるけやき坂46(以下、ひらがなけやき)初期から長濱ねるとダブルセンターを務め、グループのヒロイン的存在として活躍してきた彼女が不在というのは、やはり物足りなさを感じてしまう。そこで今回は、柿崎の魅力を改めて紹介したい。

日向坂46『キュン』(TYPE-C)

 柿崎は、長野県出身の現在17歳。ひらがなけやきの一期生で、加入当初はグループ最年少の14歳だった。オーディションを受けたのは、中学1年生の時に、YouTubeで乃木坂46を見てハマり、憧れたのがきっかけ。加入当初のキャッチフレーズは、「けやき坂46のフランス人形」。ロリータ服やフランス人形など可愛いものが好きで、メンバーにくっついて離れない妹感の強いキャラクターだが、そんな柿崎を長濱は『欅って、書けない?』(テレビ東京)で「媚びない人」と紹介、嘘がつけない性格でズバッと言うと解説した。当時「軍曹」と怖れられていた守屋茜に柿崎は、「腕相撲してみたい」と勝負を挑むほど、下克上精神も強い。

 愛らしいビジュアルに負けず嫌いな一面も持つ柿崎は、メンバーから「最年少なのに中身が大人」と言われることもしばしばで、ひらがなけやき結成時は、長濱とダブルセンターに抜擢されることが多かった。たとえば、「ひらがなけやき」「誰よりも高く跳べ!」といった日向坂になった今でも代表曲として歌われる楽曲だ。また「永遠の白線」では、単独センターも務めている。「欅坂46の不動のセンター」と言われる平手友梨奈と仲が良いのは、同い歳で境遇も似ていたからなのかもしれない。

 インタビュー記事からもその芯の強さは伝わり、2017年を振り返るインビューで、この1年で欅坂との関係性や存在に変化があったかという質問に対し、他のメンバーは「変わらない」と答える中、柿崎は「私はちょっと変わってきたかもしれません。『悔しい』とか『追いつきたい』って思うようになりました」(『Quick Japan』vol.135)と、自分の思いを素直に語っている。ただそれはグループを思ってのことで、初期の頃に欅坂に入りたいかと聞かれた際には「変わらずこのままひらがなけやきで頑張っていきたい」(『BUBKA』2017年9月号)と断言していた。

      

「柿崎芽実は日向坂46のヒロイン? 長濱ねるとのWセンターから“初代ぶりっ子王”獲得までを振り返る」のページです。の最新ニュースで音楽シーンをもっと楽しく!「リアルサウンド」は、音楽とホンネで向き合う人たちのための、音楽・アーティスト情報、作品レビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版