ONE N’ ONLYが語る、グループとしての成長と自信 「全員が同じ目標に向かっている」

ONE N’ ONLYが語る、グループとしての成長と自信 「全員が同じ目標に向かっている」

 ワールドワイドな人気を手に入れるのは、たやすいことではない。日本のアーティストに限って言えば、さらにハードルは高くなるだろう。そんな厳しい状況の中、ひるむことなく国境を超えようとする期待のニューフェイスが現れた。

 EIKU(Vo)、TETTA(Vo)、REI(Vo)、HAYATO(Rap/Da)、KENSHIN(Rap/Da)、KOHKI(Da)、NAOYA(Da)からなるスターダストプロモーション発のダンス&ボーカルユニット・ONE N’ ONLY(ワンエンオンリー)は、K-POPやJ-POPの香りをうっすらと漂わせながら、既存のサウンドやパフォーマンスにはない何かを探し求める。7人のメンバーの視線の先にある世界は輝きに満ち、とてつもなく大きい。

 2ndシングル『Dark Knight』のリリースを直前に控えた彼らに、これまでのことや現在の思いを率直に語ってもらった。(まつもとたくお)

ようやく自分たちならではのスタイルが見えた(HAYATO)

ーーみなさんは若手男性アーティスト集団・EBiDAN(恵比寿学園男子部)から派生したEBiSSH(TETTA、REI、NAOYA、KOHKI)とさとり少年団(EIKU、KENSHIN、HAYATO)の合同ユニットとして出発しましたが、結成したばかりの頃は多少のとまどいはあったのでしょうか?

NAOYA:ええ、僕の場合、EBiSSHとして4人で活動していたのが7人になって、見せ方もだいぶ変わったことに最初はとまどいました。EBiSSHは割と自由度の高いパフォーマンスでお客さんを楽しませるユニットだったんですが、ONE N’ ONLYはゴリゴリのダンスナンバーで圧倒するスタイル。ダンスに対する向き合い方が変わりましたね。

EIKU:さとり少年団のときは明るい楽曲が多くて、ONE N’ ONLYはとにかくカッコいい曲ばかり。さとり少年団の楽曲とは全く違うタイプの曲なので、すごく楽しみでした。正直なところ、不安も少しはあったんですけれども、EBiSSHのボーカリスト2人と一緒になれば、いろいろなカラーが出せるとも思いました。

ーーONE N’ ONLYで活動する前からみなさんは仲が良かったんですか?

NAOYA:ダンスレッスンが一緒でしたからね。ただ、さとり少年団は僕がいるEBiSSHよりも先にグループになることが決まっていたんです。だから、さとり少年団の3人はレッスンが終わったあとも残って指導を受けたり……。

全員:ああ、あったね。

NAOYA:そういうのを見て「ああ、あの子たち、グループになるんだ」と、うらやましく思っていた時期がありました。

ーー仲は良かったけどライバルだったんですね。

NAOYA:そう、いちばん近くにいたライバルでした。

HAYATO:でも結局、EBiSSHのほうが先に音源デビューしたんですよ。だからさとり少年団のメンバーらは「おいおい……」みたいな(笑)。

全員:ワハハハ。

ーー正式にデビューするにあたっての練習期間はどのくらいあったんですか?

NAOYA:それほどなかったですね。

ーーその間に自分たちのスタイルを磨くのは相当大変だったでしょうね。

HAYATO:覚えなければいけないことが多くて大変でしたけど、みんなががんばっているので自分もがんばらなきゃいけないという思いがありました。せっかくやるんだったら質の高いものにしたいというのもあったので。

Arrow
Arrow
EIKU
ArrowArrow
Slider

ーー今回の取材に当たり、オリジナル曲をひと通り聴きましたが、日本人のユニットということを事前に知らないと、そう感じさせないサウンドメイクですよね。

HAYATO:デビュー曲「I’M SWAG」のデモをはじめて聴いたとき、「ワールドワイド」と「無国籍」という言葉が頭に思い浮かびました。結成当初からコンセプトははっきりしていましたね。

ーー「I’M SWAG」はEDMやフューチャーハウス、ヒップホップなどがミックスされた押しの強いダンスポップ。日本ではあまりないスタイルです。

EIKU:自分が今まで聴いたことがないタイプだったので、どういう風に歌ったらいいのかと迷いつつも、海外に通用するサウンドだと思いました。

REI:カッコいいけれど難易度の高い曲ですよね。仕上げるのは大変だと思いましたが、お客さんたちは以前とは違う僕たちを観たら喜んでくれるはずなので、この世界観をしっかり表現できるようになりたいという意識はありました。

ーー5月8日に待望の2ndシングル『Dark Knight』がリリースされます。この曲でようやく自分たちらしさを自然な形で見せることができたんじゃないでしょうか。

HAYATO:「I’M SWAG」は僕たちのテーマソングみたいなもの。「Dark Knight」では、活動を開始してから今までの間にやってきたことがきちんと出せたような気がします。ようやく自分たちならではのスタイルが見えたと実感できたシングルだと思います。

TETTA:ライブではすでに披露していて、ファンの間でも評判が良かった曲なんです。それで2ndシングルにしようということになりました。まだ僕たちのことを知らない人たちにもアピールできるサウンドですよね。

ーーこの曲のMVが先行公開されて、わずか半日で100万回再生を突破。本当に驚きました。コメント欄には海外の人からの書き込みもありましたが、どんなメッセージが印象に残りましたか?

NAOYA:外国語なのでほとんど読めませんでした(笑)。

TETTA:それでもところどころ読める単語や絵文字などから、なんとなく好意的なのはわかりました。ほとんどのみなさんが褒めてくださっているようです。

ONE N’ ONLY/「Dark Knight」Music Video(EBiSSH × SBC)

ーー「Dark Knight」は歌詞がユニークですね。〈今夜は暴れるヒーローになれ!〉〈ヤバすぎるShow timeヒラけ!〉など、かなりインパクトがあります。日本語で歌っているのにそう聴こえないところも他とは違うなと思いました。

TETTA:リズムに合わせる発声を重視したからでしょうか。歌いこなすのは大変でしたが、仕上がりには満足しています。

ーーラップもよりシャープに研ぎ澄まされたという印象を受けました。トレーニングを相当積んだのではないでしょうか。

HAYATO:「Dark Knight」は僕がはじめて本格的なラップを担当した曲なんです。前回のシングルにもラップを入れたカップリング曲がありましたが、あれは「Dark Knight」とほぼ同時進行で制作していたものです。ラップはさとり少年団でもやっていましたけど、がっつりやっていたわけではなかったので、今回このように自分のラップパートが多い曲をやるに当たって、ちゃんと勉強し直してレコーディングにのぞみました。

コラムPick Up!

もっとみる

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「インタビュー」の最新記事

もっとみる

映画部Pick Up!