日向坂46、オードリーANNから拡大するファンの輪 坂道グループとラジオの親密な関係性を考察

 日向坂46の冠番組『日向坂で会いましょう』(テレビ東京)が、番組MCを務めるオードリーがパーソナリティを務める『オードリーのオールナイトニッポン(以下、ANN)』(ニッポン放送)に寄せた番組構成になってきている。4月20日放送のANNにて、若林正恭が『日向坂で会いましょう』について、「絶対、ラジオ聴いておかしくなっちゃってる人が編集してるよな」とコメントするほどだ。

『キュン』(通常盤)

 ことの発端となったのは、前身番組『ひらがな推し』時代、当時けやき坂46として初めてアルバム『走り出す瞬間』をリリースする際に行ったヒット祈願“バンジージャンプロケ”に、お笑いコンビ・どきどきキャンプが参加したこと。コンビの“サトミツ”こと佐藤満春は、構成作家としても多くの番組を担当しており、その中には『オードリーのオールナイトニッポン』も入る。最近では、結婚発表をした春日俊彰を10年間、陰で支えていた人物として注目を浴びた。

 そんなサトミツは、バンジージャンプロケを一致団結し見事成功させたメンバーを見て、勇気づけられたと大号泣。そこからすっかりグループのファンになった“公式おひさま”(おひさま=日向坂46ファンの総称)サトミツの動向を、若林がANNで明かすという構図が出来上がっていく。ラジオでの若林の個人的な高本彩花、小坂菜緒推しも手伝い、リトルトゥース(ANNリスナーの総称)を巻き込みながら、「日向坂46×オードリー」の輪はどんどん大きなものになっていく。

 そのほか、上村ひなのが映ったサトミツの写真を若林がインスタにアップ、『オードリーのオールナイトニッポン 10周年全国ツアー in 日本武道館』に日向坂46のメンバーが参加(佐々木久美が集合写真で「ひ」のポーズ)するなど、番組外での親交も深まっていることがわかる。また、サトミツが構成作家を務める『日向坂46のオールナイトニッポンGOLD』(ニッポン放送)では、オードリーからのコメントが届き、ジングルではメンバーが「復ビン」「キャップかけ」「キン肉マン例え」とオードリーネタを連発している。

 サトミツの登場をきっかけに『ひらがな推し』の方でも、「エミール」のシュークリーム、HEY!たくちゃん監修カップ麺「鬼そば藤谷 濃厚蟹だし味噌らぁ麺」がケータリングに並ぶなど、リトルトゥースにしか伝わらない細かいネタが徐々にインサートされるように。デビューシングル「キュン」ヒット祈願駅伝では、当然のようにどきどきキャンプがロケに参加。上村が完走した第1区からサトミツは期待通りに号泣していた。さらに4月21日からは「目指せ! 人気ラジオ番組出演!! カスカスラジオでお勉強しましょう!!」という、ガチガチにANNに寄せた企画が2週に渡って放送されている。若林による作家の盛り上げ笑いやANNのコーナー「新しいキン肉マンの超人」の話題など、リトルトゥースにはたまらない構成。このようにオードリーのANNと『日向坂で会いましょう』より強固な関係性を結んでいる。

コラムPick Up!

もっとみる

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「アーティスト分析」の最新記事

もっとみる

映画部Pick Up!