>  >  > HKT指原莉乃が48グループに与えた影響

HKT48 指原莉乃が48グループで果たした使命 卒業への経緯や後輩への思い語った『ANN』を聞いて

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 2月6日に『HKT48 指原莉乃のオールナイトニッポン』(ニッポン放送/以下、『ANN』)がオンエアされた。HKT48グループ卒業発表後に指原莉乃が『ANN』に登場するのは、今回が初めて。ファンやリスナーに向けて、自身の言葉で卒業への経緯や後輩への思いなどを赤裸々に語った。

AKB48『NO WAY MAN』(TypeD)

 昨年5月以来、33回目の『ANN』出演となった指原。「お世話になった『ANN』ちゃんと卒業について話そう」をテーマに、おそらくアイドルとしての登場は最後となる今回の『ANN』を、存分に楽しんでいた印象だ。

 指原が卒業を発表したのは、昨年の12月15日、HKT48単独コンサート『HKT48コンサート in 東京ドームシティホール~今こそ団結!ガンガン行くぜ8年目!~』でのアンコール時。

 “卒業を考えていたのは何年も前から”と書いてあるラジオの台本を見て指原は、「これね、不思議なんですけど……」と話し始める。指原は近年、主にバラエティで活躍しているため、“タレント”という側面が強く、アイドルという戦い方ではない自分は卒業した方がいいんじゃないかと思っていたという。一方で、アイドルとしての活動も「すごく楽しくて、ステージが好きで、メンバーのことも大好きで、(卒業したら)ファンの皆様に会う機会も減りますし」と、このままアイドルを続けたいという自分もいたのだとか。「すごく考えていたんですが、ふと卒業しなきゃなって思い始めた時に、メンバーのさくら(宮脇咲良)となこ(矢吹奈子)が、IZ*ONEという韓国のグループに2年間異動することになりまして。最後のコンサートに来ることができなくても、せめて卒業を発表するのは2人がいる場所がいいなーって思っていた時に、コンサートがギリギリに決まって。あ、ここだなと思って、秋元(康)さんについに相談したんです」と、総合プロデューサーである秋元康に相談するまでの流れを説明した。

 そして「秋元さんは私のこと、たぶん好きじゃんと思ったんです。自分がプロデュースする素材として面白いとは思ってくれているだろうなって。超自意識過剰なんですけど、私が辞めるのはたぶん寂しいだろうなと、攻防戦ぽくなるだろうなと思ったんですよ」と続ける。「で、勇気を出して『実は卒業しようと思ってるんですよね』と話をしたら、『うん、いいよ』って。『えー! ちょっと待って! 秋元さん引き止めて』みたいな感じで決まって」と、意外にもあっさりと承諾された事実を明かす。これは、指原の性格を熟知している秋元だからこそ、彼女が決めたのだからよっぽどの決意だと察したゆえの対応だろう。または、タレントやプロデュース業をしている指原はもう一人立ちして問題ないと思っていたのかもしれない。

 そしてHKT48の後輩・田島芽瑠、松岡はな、村重杏奈も『ANN』に登場。卒業2カ月前となった今、どんな気持ちかと聞かれた指原は、「すべてが楽しい。辞めた方がいいのかどうなんだろうというモヤモヤがなくなり、発表してから全部楽し過ぎて」と声を弾ませた。

      

「HKT48 指原莉乃が48グループで果たした使命 卒業への経緯や後輩への思い語った『ANN』を聞いて」のページです。の最新ニュースで音楽シーンをもっと楽しく!「リアルサウンド」は、音楽とホンネで向き合う人たちのための、音楽・アーティスト情報、作品レビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版