>  >  > HKT48『HKTBINGO!』への期待

HKT48、冠番組『HKTBINGO!』はグループに新風を吹かす? 指原莉乃×三四郎の相性を解説

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 HKT48の冠番組『HKTBINGO!』(日本テレビ系)が、7月16日よりスタートする。

早送りカレンダー(TYPE-A)

 「BINGO!」シリーズは、火曜深夜レギュラー枠に『AKBINGO!』、月曜深夜枠は1シーズンごとにグループが交代していく形式で、これまでに坂道シリーズから乃木坂46、欅坂46、けやき坂46、48グループからSTU48が番組を務めてきた。今回、HKT48が担当するのが、その月曜深夜枠でのオンエアとなる。漫才やコント、フリップ芸など「本気でお笑いに挑戦」することをテーマに、年末のお笑い賞レースにエントリーし決勝を目指していく。

 番組MCは芸人の三四郎。アイドル番組のMC枠は、その番組の雰囲気を大きく左右する重要な要素。昨年6月に終了し、およそ4年半に渡り放送されていた『HKT48のおでかけ!』(TBS)では、フットボールアワー・後藤輝基をMCに迎え、指原莉乃との相性の良さだけでなく、松岡はなというセンターメンバーを生み出すきっかけとなった。

 今回の『HKTBINGO!』で、指原は「MC兼プレーヤー」という両方の立場で出演する。実は今年5月にラジオ番組『AKB48のオールナイトニッポン』(ニッポン放送)で指原は、三四郎の相田周二をゲストとして呼び共演している。そのきっかけが、指原が三四郎の小宮浩信を恋愛対象として見ているくらいに好きで、そんな指原が“知らない人”こと相田と2時間ラジオで喋れば面白いだろうという冗談を、秋元康が面白がったことが始まりだった。

 結果、指原は相田を「しゅうじ」と呼び、TwitterにSNOWでのツーショットを投稿するほどの仲に。また、指原が小宮に好感を抱いているのは、以前HKT48の番組に出演した際に、メンバーに優しく接してくれた上に、カメラが回っていない時の“客観視している感じ”が格好いいと感じたとのこと。『HKTBINGO!』の収録は「楽しくてあっという間だった」とあり、三四郎とHKT48の相性が抜群にいいことが分かるだろう。

 また、HKT48としては『おでかけ』以来、グループの冠番組となる。この1年余りの期間で、グループは『HKT48春のアリーナツアー2018~これが博多のやり方だ!~』で全国を巡り、1人1曲全員がセンターを担当するメドレーを披露したほか、恒例となっている寸劇では田島芽瑠が脚本を担当し、学校を舞台にしたストーリーで会場を大いに笑わせた。シングルでは、今年5月にリリースの『早送りカレンダー』で、矢吹奈子と田中美久がダブルセンターに抜擢。6月に開催された『第10回AKB48世界選抜総選挙』でも、9位に矢吹、10位に田中が仲良くランクインするなど、人気、知名度としても台頭しているメンバーだ。

      

「HKT48、冠番組『HKTBINGO!』はグループに新風を吹かす? 指原莉乃×三四郎の相性を解説」のページです。の最新ニュースで音楽シーンをもっと楽しく!「リアルサウンド」は、音楽とホンネで向き合う人たちのための、音楽・アーティスト情報、作品レビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版