King Gnu、ネクライトーキー……2019年バンドシーンの傾向を『バズリズム02』恒例企画から考察

 1月4日放送の『バズリズム02』(日本テレビ系)にて、「今年コレがバズるぞ!BEST10」が発表された。「今年コレがバズるぞ!BEST10」は新年恒例の企画で、音楽関係者へのアンケートを基に「今年ブレイクするアーティスト」のランキングを作成するもの。今年のランキングの詳細はオフィシャルサイトにて発表されている。

King Gnu『Sympa』

 1位のKing Gnuは4人組ロックバンド。R&B、ジャズ、クラシックなどの要素を汲みこみつつあくまで歌モノとして着地させるサウンドが特徴的であるほか、メンバーの常田大希(Gt/Vo)が立ち上げたクリエイティブチーム・PERIMETRONによるMVも毎作鮮烈な印象を残している。彼らは、1月16日にフルアルバム『Sympa』をリリースし、アルバムに収録されていない新曲「白日」がドラマ『イノセンス 冤罪弁護士』(日本テレビ系)の主題歌として現在オンエア中。各所の注目を集めているこの機を逃すことなく、攻めの一手を打ち出せることもこのバンドの強みだろう。

 奇しくも「トーキョー・ニュー・ミクスチャー・スタイルバンド」を標榜するKing Gnuが1位を獲得したことも象徴的だが、今年のランキングは、前年に比べ、より個性豊かなラインナップとなっていた。わかりやすいところで言うと、前年は上位30組中27組がバンド(楽器を持たないパンクバンドと標榜するBiSHを入れれば28組)だったのに対し、今回は30組中20組のみがバンド。考えうる大きな要因は二つ。1、“ライブハウス界隈での口コミ的な広がり”以外にも“MVの再生回数伸長”や“SNSやサブスクリプションを通じた著名人によるフックアップ”など、バズるまでの経緯が多様化したこと、2、2018年が米津玄師、あいみょんらソロアーティスト飛躍の年であったことであろう。

 1で言うと、たとえば、3位のネクライトーキーは、「オシャレ大作戦」のMVが公開からわずか4カ月で再生数150万回を突破したことで話題になった。また、6位のずっと真夜中でいいのに。もMVから人気に火がついたアーティストだ。この2組に共通する特徴は、歌い手・ボーカロイド界隈と強い繋がりを持ったアーティストであること。ネクライトーキーのメインコンポーザーである朝日(Gt)はボカロP・石風呂としての活動も長い。ずっと真夜中でいいのに。はボーカリスト・ACAねの正体こそ謎に包まれているが、編曲やMVのアニメーションを手がけるクリエイターはボカロ界隈でよく知られている人物だ。ハチ(米津玄師)/wowaka(ヒトリエ)の二大巨頭時代の終幕およびニコニコ動画の衰退以降、シーン全体が下火になりつつある印象も否めなかったが、2018年にはEveが凄まじい勢いで躍進(すでにバズっているという共通認識からかランキング圏外だったが)。その他にも界隈出身者の台頭が目立った。2019年は、彼らが支持層をさらに拡大させることになるのかもしれないし、さらに若い才能が出現する可能性も高い。

コラムPick Up!

もっとみる

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「音楽シーン分析」の最新記事

もっとみる

映画部Pick Up!