HKT48 宮脇咲良らIZ*ONE専念は改革の始まり? 田中秀臣が48グループのグローバル化を読む

 HKT48の宮脇咲良、矢吹奈子、そしてAKB48の本田仁美の三名がそれぞれのグループでの活動を休止し、二年半、日韓アイドルユニットIZ*ONEに専念することが発表された。

HKT48『早送りカレンダー』 Type-A (CD+DVD)

 9月24日に行われた握手会で、宮脇はAKB48のプライドをもって、世界に認められたいと意欲を表明した。オーディション番組『PRODUCE 48』で半年にわたる過酷な試練を勝ち抜いてきた宮脇らしい決意表明といえる。他のふたりもおそらく同じ想いではないだろうか。

 宮脇は今年のAKB48世界選抜総選挙で第3位に輝き、いわば日本のアイドル界全体でもトップスターといえる一人である。同9位にランクインした矢吹もまた次代のエース候補のひとりだ。矢吹はHKT48でも最新曲「早送りカレンダー」にて初センター(田中美久とのWセンター)を務めるなど、宮脇とともにHKT48のけん引役でもある。そして完成品を評価する傾向の強い韓国のファン層をうならせたダンスの切れ味抜群の本田は、国内での評価もこれから急上昇が見込まれる逸材だろう。

 つまりAKB48グループは、自らのグループの現在から未来にかけての至宝を、韓国との合同ユニットの形で世界にむけて送り出すことになった。これは日本のアイドル界にとってとてもスリリングで興味深い挑戦になるだろう。たしかにAKB48グループとしての国内での活躍は長期間にわたって休止してしまう。二年半の期間は、アイドルの世界では遠い銀河の果てに旅することにも似た時間だ。

コラムPick Up!

もっとみる

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「アーティスト分析」の最新記事

もっとみる

映画部Pick Up!